活用事例:セキュリティ室のドア開閉状態を記録

This entry was posted in IoT, 事例 and tagged , on by .

ファンブライトIoTサービスの活用例のご紹介です。

ドア開閉センサー1個をセキュリティ室のドアに設置させていただきました。

ドアの開閉状態をログ記録する事を目的としており、おまかせプラン(短期スポット導入)で対応させていただきました。

1.概要

項目 内容
導入期間 2016/03/10~2016/03/31
概要 物流倉庫内にあるセキュリティ室のドア開閉状態を記録
導入センサー マグネットセンサー(ドア開閉センサー:EnOcean STM429J) x 1個
利用主体 企業
導入メニュー おまかせプラン 短期スポット導入
目的 ドア開閉状態をログ記録したい事由がありました。
導入結果 ドア開閉状態をWeb画面、CSVダウンロードでご確認いただく事が出来ました。

 

2.無線センサーの設置

今回取り付けたドアは、強めの勢いで閉まるタイプでした。よって、無線センサー(ドア開閉センサー:EnOcean STM429J)は壁側にあたるドア枠に設置しました。

ドア枠とドア自体に段差があった為、マグネットの取り付けは台座を別途用意しています。

以下は、設置したドア開閉センサーの写真です。両面テープで貼り付けています。

201603_door-sensor_1

センサーは手のひらサイズで、とても軽量です。センサーは無線通信を行う為、配線は不要です。

以下は、斜め横からの写真です。

201603_door-sensor_2

マグネットの台座の高さは1,2cmです。

 

3.IoTゲートウェイ機器

今回は、既存LAN環境を利用できる環境ではなかった為、3G SIMを使いました。IoTゲートウェイ機器はOpenBlocks IoT BX1を使いました。

bx1

3G回線を経由してインターネット上の弊社サーバにデータをアップロードしています。

 

4.利用しているアドオン機能

本件では、状態を確認しやすいように、以下のアドオン機能を導入しています。

アドオン機能 備考
時間帯ヒートマップ(マグネット) マグネット専用アドオン機能
時間帯カウント(マグネット) マグネット専用アドオン機能