クラウドサービスの利用内訳(前回の続き)

This entry was posted in オープンデータ and tagged on by .

ファンブライト山下です。

前回の 国内におけるクラウドサービスの利用状況 の続きとなりますが、クラウドを利用していると回答した企業(全体の28.2%)における、クラウドサービスの利用内訳のグラフが以下です。

クラウドサービスの利用内訳

1番目の「ファイル保管・データ共有」が多いのは、GoogleDriveやSkyDrive(OneDrive)、DropBoxなどの導入数も含まれているのかなと思います。
6番目の「データバックアップ」もファイル保管と同類だと思われます。昨今のBCP対策の結果も含まれているでしょう。

公開されていませんが、更にブレークダウンした内訳データを見たいですね。

以下が数値データです。(平成24年末 n=582)

クラウドサービス 割合(%)
ファイル保管・データ共有 47.7
電子メール 40.2
サーバー利用 38.2
社内情報共有・ポータル 33.5
スケジュール共有 30
データバックアップ 17.9
給与、財務会計、人事 15.7
営業支援 13.3
生産管理、物流管理、店舗管理 8.2
取引先との情報共有 7.7
受注販売 6.8
購買 5.2
プロジェクト管理 4.7
eラーニング 4.6
システム開発、webサイト構築 3.3
認証システム 2.8
課金・決済システム 2.5
研究・開発関係 0.9
その他 8.5

(出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

(参考)D3.js hierarchical bar chart http://mbostock.github.io/d3/talk/20111116/bar-hierarchy.html