3. WindowsでEnOcean動作確認

ファンブライト IoTサービスでは、エナジーハーベスト技術「EnOcean」を活用できるIoTサービスを提供しています。

このページでは、EnOceanセンサーの動作確認を簡単に行う方法を記載しています。

No 内容
3 WindowsでEnOcean動作確認
3-1. USB400J と DolphinView Basic
3-2. DolphinView Basic をダウンロード、インストール
3-3. DolphinView Basic を起動、EnOceanセンサーの動作確認
3-4. EnOceanに特化したIoTサービス

 

3.DolphinViewでEnOceanの動作確認

3-1.USB400J と DolphinView Basic

Windows端末で簡単にEnOceanの動作を確認する方法として、EnOcean受信モジュール「USB400J」と、無償で利用できる「DolphinView Basic」ソフトウェアを利用できます。

なお、「DolphinView Basic」は開発者向けのWindows用ソフトウェアです。よって、通常の利用者にとっては、EnOceanセンサーが動作している事は分かるソフトウェアですが、日常的に使うソフトウェアではありません。ご了承の上で、必要に応じて進めてください。

ここでは、以下のような構成で「DolphinView Basic」を利用してみます。(ダウンロードやご利用については、ご自身の責任でご確認の上でお願いいたします。)

enocean-basic-system-dolphinview-basic

構成項目 説明
EnOceanセンサー 開閉センサーであるマグネットセンサー(STM429J)
EnOcean受信モジュール EnOcean USBゲートウェイ USB400J
ゲートウェイ端末 手持ちのWindows8端末
プログラム DolphinView Basic

 

3-2. DolphinView Basic をダウンロード、インストール

お手元に、Windows端末と、EnOceanセンサー(STM429J)、EnOcean受信モジュール(USB400J)がご用意されている前提で進めます。

まずは、EnOceanプログラムのダウンロードサイトを開き、DolphinView Basicをダウンロードします。なお、ダウンロードする際には「Registration」が必要になります。登録したアカウントでログインしていると、プログラムをダウンロードできるようになります。(ログインしていないと、ダウンロードできません。)

DolphinView-Basic-Download

インストールするWindows端末が「System requirements」に合致する事を確認した後に、ダウンロードし、インストールします。

インストールが終了したら、次へ進みます。

 

3-3. DolphinView Basic を起動、EnOceanセンサーの動作確認

Windows端末のUSBポートに「USB400J」を接続し、「DolphinView Basic」を起動します。

DolphinView Basic が起動した際に、USB400J がWindows端末に接続されていれば、以下の赤枠「Connect」ボタンがアクティブになっています。

DolphinView-Basic-connect

「Connect」ボタンを押下すると、EnOceanセンサーの送信するデータを確認できるようになります。

EnOceanマグネットセンサーで、マグネットとセンサーの間を開いたり閉じたりすると、下記の赤枠の部分にEnOceanセンサーの挙動がリアルタイムで表示されます。

DolphinView-Basic-telegram

「DolphinView Basic」の詳細は、DolphinView マニュアル(英語版)をご確認ください。

以上が、「Windows端末でEnOceanの動作確認」となります。

 

3-4.EnOceanに特化したIoTサービス

「DolphinView Basic」でご確認頂いた通り、EnOceanの動作を確認する事は簡単に出来たかと思います。ですが、DolphinView は開発者向けのソフトウェアである為、以下のような課題があります。

  • 「DolphinView」では、何かデータを受信している事は分かるが、データ自体が何を表しているのか分かり難い(例えば、EnOceanマグネットセンサーが開いたのか閉じたのか分かり難い。)
  • 常に「DolphinView」を起動している事はできない。
  • より分かり易い画面が欲しい。
  • センサー状態によってメール通知する機能が欲しい。
  • センサーが送信した過去データを分かり易く分析できる機能が欲しい。

これらの課題を解決する為のサービスが、ファンブライトIoTサービスになります。