無線センサーサイネージの導入構成例

This entry was posted in お仕事, センサー活用 on by .

無線センサーのサイネージは、さまざまな構成で簡単に導入できます。

トイレや会議室の利用状況をサイネージ画面に表示する事が要件の場合、無線センサーとサイネージ端末の設置場所が距離的に狭い範囲であれば、インターネットに接続しなくてもご利用いただけます。

例えば、トイレの利用状況を表示するサイネージを、トイレ近くの小型モニターに表示する場合は、下記のような構成で導入できます。(右側が実際のトイレ、左側がサイネージ画面)

 

無線センサーとサイネージ端末の設置場所が距離的に離れている場合や複数フロアに渡る場合などは、LAN(Local Area Network)を使う事も可能です。

IoT(Internet of Things)構成ではなく、LoT(LAN of Things)構成となります。

 

もちろん、インターネットに接続する構成も可能です。

さまざまな構成が可能で、それぞれメリットとデメリットがあります。ご要望によって最適なシステム構成をご提案させていただきます。ぜひ、無線センサーサイネージの利便性をご享受ください。