【トイレIoT】混雑する時間帯を確認できるようになりました

This entry was posted in IoT, お知らせ and tagged , , on by .

トイレ利用状況を可視化」サービスで、トイレが混雑する時間帯の傾向が一目で確認できるようになりました。

直近1週間分のトイレ混雑状態をヒートマップで確認できます。

混雑状態をヒートマップで表示

トイレの混雑率をヒートマップで表示します。

toilet-heatmap

1時間毎のトイレ混雑率をカラー表示します。色が濃い時間帯が混んでいる時間帯となります。

複数の個室があるトイレにも対応しているため、オフィスや商業施設などのトイレに最適な機能です。

利用者はトイレが混在する時間帯を事前に把握できる事になります。混雑している時間帯におけるトイレ対策を事前に打てるようになる等、利便性の向上が期待できます。

 

本画面は、インターネット経由でアクセスできるWebアプリケーションとして提供しています。

toilet-dashboard-detail

デジタルサイネージへ表示するカスタム画面のご用意や、オフィスのフロアマップ・地図との連携なども可能です。

 

本サービスの仕組み

トイレ利用状況を可視化」サービスでは、ドア開閉を確認できる無線センサーを利用します。

EnOcean-magnet-sensor

無線センサーは、ソーラーパネルで稼働する EnOcean の無線センサーです。 通信の仕様が公開されている無線センサーで、軽量な為、両面テープ等でトイレのドアに設置する事が可能です。

また、無線センサーは、室内光で稼働します。電池交換は不要となります。

無線センサーがドアの開閉を検知すると、別途設置するIoTゲートウェイ機器を経由して、弊社クラウドサーバにデータをアップします。概要図は下記のようになります。

IoT-toilet-network

 

より詳細な情報は、トイレ利用状況の可視化をご確認ください。

manage_toilet_usedpercent

 

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

contact_form_bar