無線センサーでトイレの混雑度を可視化するIoTサービス

This entry was posted in IoT, お知らせ and tagged , , on by .

無線センサーを使って、トイレの混雑度を容易に可視化できるIoTサービス機能をリリースしました。おまかせプランでご提供を開始します。

オフィスビルや商業ビル、駅、学校、大型施設などで導入いただけます。

利用者は混雑しているトイレを回避して、空いているトイレへ向かう事ができるようになります。

toilet_1floor

 

以下の写真のように、個室が空いている時はドアが開いた状態になるドアで、開閉状態を検知します。

 

無線センサーは、以下のようなドア開閉センサーを利用します。どちらも同じマグネットセンサー(EnOcean STM429J)であり、ドアの開閉などの状態を検知する事が可能です。

STM250J
STM4xx_case

 

無線のドア開閉センサーを利用する為、配線工事は不要です。迅速に導入する事が可能です。

以下のような場所に導入いただくと、利用者の満足が高くなると想定されます。

No 導入場所 内容
1 オフィスビル 社員の便所ストレスを解消し、職場環境の良好化が期待できます。
2 駅のトイレ混雑度を可視化する事で、路線利用者の満足度向上が期待できます。
3 商業ビル トイレ混雑度を事前にモニターで提示する事で顧客満足度の向上が期待できます。
4 学校 生徒の便所ストレスを解消し、文武に集中させる事が期待できます。
5 大型施設 展示会場やショッピングモールなどにおける付加価値となり得ます。

 

Web画面の例は以下のようになります。

toilet_floor_used

表示されている各トイレにはリンクがあります。

「2階の男子トイレ、利用率66%」をクリックすると以下のような画面に移動します。

toilet_2f_man_dashboard

 

より詳細は以下を参照ください。

manage-toilet

 

ご質問やご依頼は、お問い合わせからお願いいたします。