IoTサービスでリピーター機能に対応

This entry was posted in IoT, お知らせ, 技術 and tagged , on by .

技術面のお知らせです。

ファンブライトIoTサービスがリピーター機能に対応しました。

1台のIoTゲートウェイ機器で、より広範囲に設置した無線センサーのテレグラムを収集する事が可能になります。

リピーター機能とは?

リピーター機能とは、無線センサーとIoTゲートウェイ機器の間の無線通信を補助する機能です。

無線センサーとIoTゲートウェイ機器の距離が離れている場合や、無線通信が届きにくい環境において利用できます。

例えば、ある環境に設置した無線センサーからのテレグラムが、IoTゲートウェイ機器まで届かない場合があります。

long-distance-no-repeater

そんな場合には、無線センサーとIoTゲートウェイ機器の間にリピーターを設置する事で、リピーターが無線センサーからのテレグラムをリピート送信し、IoTゲートウェイ機器で受信させる事が可能になります。

long-distance-1-repeater

 

リピーター機能に対応

今回のリピーター機能対応によって、以下が可能となりました。

  • リピーター機器の導入が可能になりました。
  • Webサービスがリピーターに対応しました。

これによって、今まで複数台のIoTゲートウェイ機器(3G通信)を設置する必要があった環境下において、リピーターを導入する事によって、3G通信などのコスト削減が見込めるようになります。

EnOcean 928.35MHz では、リピーター導入は1ホップまでとなります。

なお、EnOcean通信が届きにくい環境下において、リピーター導入以外の対応策も色々検討できます。

お問い合わせは下記から可能です。

contact_form_bar