会議室の利用を可視化

「おまかせプラン」では、無線の人感センサーを使って、会議室の利用状況をリモートから確認できます。

manage-areawatch-top

会議室の利用状況をレイアウト図上で分かり易く表示できます。限られた会議室を効率的に運用できます。無線の人感センサーを利用する為、設置が簡単で工事も不要です。初期導入から運用までサービス提供します。

1.会議室の運用課題

会議室を利用したいが、全て予約済となっており空きがない、という場合があります。しかも、予約されている会議室が実際は利用されていない、という場合も多くあります。

会議室が空いているかどうかは、実際に会議室を見に行かないと分からないため、慢性的な会議室不足になっているケースも多いと思います。

そんな時、会議室の利用状況がいつでも可視化されていると、とても便利です。

meetingroom_2

上記載のような情報が提供されていると、利用されていない会議室がある事をリモートから確認できるため、空予約で実際には使われていない会議室も有効に活用できるようになります。

※ 「予約されている時刻になっても利用されていない場合は、他者が利用しても良い。」というようなルールが必要になると思います

会議室の利用状況をリモートから確認できるようになる為、執務室と会議室の場所が離れていても、執務室に社内デジタルサイネージを設置し、会議室の利用状況を表示する等の利用に向いています。

 

2.主要な機能と特徴

主要な機能は下記になります。

リモートから状況確認 会議室に行かなくてもPCやスマホで会議室に人が居るか確認可能
社内サイネージ表示 執務室などに設置したデジタルサイネージにレイアウト図を表示
利用状況の分析  クラウド上に蓄積されたデータを使って、会議室の利用状況を分析

主な特徴は下記になります。

会議室の上限なし 可視化する会議室の数は、1つから対応可能。上限はなし。
配線不要・簡単設置 無線センサーを利用する為、配線は不要で簡単に設置できる。
電池交換は不要 室内光で稼働する無線センサーを利用する為、電池交換は不要。
プライバシー配慮 赤外線型の人感センサーで、プライバシーを配慮した導入。

 

3.会議室の利用状況を可視化する仕組み

会議室毎に無線の人感センサーを導入します。人感センサーには2タイプあります。どちらも、動く人を検知する赤外線型の人感センサーです。

occupancy-sensor

どちらも、人が居ない状態から人を検知するまでのタイミングは「即時」です。

その後の「人が居る事の検知タイミング」や、「実際に人が居なくなってから通知するまでのタイミング」は、センサーによって異なります。

人感センサー 上画像左側の人感センサー 上画像右側の人感センサー
人が居ない状態から人を検知するまで 即時 即時
人を検知してから次の検知タイミング 2分後 1分後
実際に人が居なくなってから通知するまで 10分後 5分後

人感センサーは無線で通信を行う為、配線工事は不要です。電波の到達範囲は建物内で約30mとなります(環境によります)。センサーは軽量ですので両面テープなどで容易に設置できます。

人感センサーは室内光で稼働します。1日数時間の光源が必要ですが、電池交換が不要となります。

 

人感センサーが人を検知すると、別途設置するIoTゲートウェイ機器を経由して、弊社クラウドサーバにデータをアップします。概要図は下記のようになります。

enocean_network_201510

IoTゲートウェイ機器は、インターネット接続用の回線として、既存のLAN環境(WiFi/Ethernet)や3G回線を利用できます。また、Raspberry Pi も利用できる為、デジタルサイネージ用のモニター接続など様々なカスタマイズ構成も可能となります。

 

4.オープンな打合せスペースも対応可能

壁で囲まれた会議室ではなく、パーティションで区切られただけのオープンな打合せスペースの場合は、人感センサーではなく、無線スイッチを導入する事が可能です。

switch-sensor

打合せスペースを利用する際には、打合せスペース毎に設置した無線スイッチ上の「利用中」のボタンを押すと、画面上に会議室が使われている事を示す事が可能です。打合せが終わった際には「利用終了」ボタンを押すと、会議室が使われていない事を示す事が可能です。

人感センサーと無線スイッチを両方利用いただく事が可能です。(サイネージ画面)

meetingroom-example

 

5.画面例

会議室の利用状況を該当レイアウト図に反映させた画面例が以下になります。

meetingroom-layout-colormap

また、人感センサー毎に詳細なデータ確認も可能です。

以下は、人感センサーが検知した回数を、過去7日間分のデータとしてヒートマップ化したものです。

addon_heattime

スマホのブラウザでも確認できるため、いつでもどこでも会議室の利用状況を参照できます。

 

6.導入場所の例

人感センサーの設置場所として、以下のような場所が向いています。

オフィスの会議室 社員の会議室確保ストレスを解消
貸し会議室、レンタルオフィス 多くの会議室や個室の利用状況を1画面で確認
マンガ喫茶や居酒屋の個室 個室の利用状況を1画面で確認可能

 

7.サービス料金の構成

おまかせプランは、初期費用と月額の料金構成でご利用いただけます。

初期費用には以下が含まれます。

No 項目 内容
1 導入作業 調整(基本情報)、機器手配・検収、プログラム実装、現地設置
2 センサー センサー1個から対応
3 IoTゲートウェイ機器 無線センサーからのデータをクラウドにアップ
4 サービス仕様書 サービス仕様を記載したドキュメント

月額料金には以下が含まれます。

No 項目 内容
1 Webサービス IoTゲートウェイ機器1台、センサー、アカウントを含む
2 監視 IoTゲートウェイ機器、センサー
3 サポート メール、電話でのサポート

レイアウト図の作成や、認証不要画面のご用意は別途カスタム対応となります。

また、運用フェーズにおける障害対応などの技術支援は、都度スポットでの対応となります。

contact_form_bar