温度や湿度をデータ化

室内の温度や湿度をデータ化する必要がある場合、簡単に実現する事が可能です。

温度・湿度を見える化し、リモートから確認できるIoTサービスです。

無線センサーを使って、導入場所の温度・湿度を計測し、クラウド上にデータをアップします。クラウド上に蓄積されたデータはブラウザで参照可能です。

工場や倉庫、生鮮品売場、商業施設等(全て室内)において、温度・湿度情報を計測できます。

無線センサー

軽量な無線センサーを利用します。設置が容易で、両面テープ等で貼り付け可能です。

システム構成

無線センサーと一緒にIoTゲートウェイ機器を導入します。無線センサーからのデータをIoTゲートウェイ機器が受信し、クラウドにアップします。

クラウドにアップされるデータはリアルタイムで参照可能です。また、グラフ表示やCSVデータのダウンロードも可能となります。

詳細

詳細は下記のPDF資料に記載しております。

温湿や湿度のデータ化(PDF 計11ページ)