SaaSプラン

電池いらずの無線センサーに特化したIoTサービスをご提供しています。

SaaS(Software as a Service)プランは、機器の入手や設定をお客様ご自身が行い、サーバ側のWebアプリ機能をご利用いただくプランです。

IoT_SaaS_Top

ドア開閉センサーや温度・湿度センサー、人感センサー、無線スイッチを活用し、さまざまなモノやコトを可視化し、変化を認識でき、分析が可能となります。

 

1.SaaSプランの特徴

SaaSプランは、お客様ご自身で機器の入手や設定を行っていただくプランとなります。

EnOceanセンサーを所有しているITエンジニア、もしくは、すぐに使える無線センサーに興味があるITエンジニア向けのサービスです。

IoTゲートウェイ機器を設定いただく必要があり、設定手順が公開されています。

plan1-flow

IoTゲートウェイ機器は、Raspberry Pi や OpenBlocks などを利用できます。

より簡単に導入したい場合は、おまかせプランか、機器送付・リモート対応サービスをご確認ください。

おまかせプラン 初期導入から運用まで、サービス提供
機器送付・リモート対応 条件・環境を絞り込み、IoT導入をリモート対応で支援

 

2.利用できる無線センサー

利用する無線センサーは、EnOceanセンサーです。小型ソーラーパネルやスイッチ動作などで得られる微弱エネルギー源から電力を生成し、その電力を用いてセンサーを動作させ、無線通信を行います。

センサーの種類は下記となります。

enocean-sensor

EnOcean無線センサー 説明
ドア開閉センサー マグネットセンサーで、ドアや窓の開閉などの生活活動を検知する事が可能。
温度・湿度センサー 室内の温度や湿度を検知する事が可能。
人感センサー 室内での活動状態を検知する事が可能。
無線スイッチ ボタンを押下する事によって、緊急メール通知が可能。

利用できる無線センサーもご確認ください。

 

3.無線センサーの設置例

引き扉の上部に無線のマグネットセンサー(ドア開閉センサー)を設置した写真です。配線は不要です。無線センサーは軽量ですので容易に設置できます。以下の例では両面テープで貼り付けています。

stm429j-open-closed

左側は引き戸を開いた時の写真です。右側は引き戸を閉じた時の写真です。

開いたり閉じたりしたタイミングで、無線がIoTゲートウェイ機器の受信モジュールに通知されます。

 

4.ゲートウェイ機器を設置し、インターネットに接続

本サービスを利用する際には、EnOceanセンサーと共に、IoTゲートウェイ機器を設置していただきます。

EnOceanセンサーから送信されるデータは、IoTゲートウェイ機器で受信し、IoTゲートウェイ機器からインターネットを経由してクラウドサーバにデータをアップしていただきます。

enocean_network_201510

IoTゲートウェイ機器として、Raspberry Pi や OpenBlocks などのLinuxマシンを利用できます。

以下は、Raspberry Pi の写真例です。

example1-raspberry-pi-usb400j

IoTゲートウェイ機器には、プログラムを導入する必要があります。サンプルプログラム(Ruby)を公開していますので、ご利用ください。

 

5.Webアプリケーション機能

すぐに使えるWebアプリケーションが用意されています。

以下は、マグネットセンサー(ドア開閉センサー)を設置したドアが開いている時の一覧画面例です。

demo-enocean-list-open

ドアが閉じた際には、以下のような一覧画面になります。

demo-enocean-list-closed

無線センサーを選択した際の個別画面も用意されています。

以下はドアが開いている画面です。

demo-enocean-select-open

以下は、ドアが閉じた時の画面となります。

demo-enocean-select-closed

基本的な機能として、データの可視化やメール通知、データ分析が可能です。

basic-spec

機能の詳細については、基本機能アドオン機能をご確認ください。

 

6.デモ映像

ドア開閉センサーの動作状況をブラウザで確認するデモンストレーション映像です。

 

  • 映像では、モニターにマグネットセンサー(ドア開閉センサー)を貼り付けています。
  • モニターと一緒にスマホ用の画面も映しています。
  • ログイン画面の「選択センサー」画面で、ドアの開閉状況を3回確認した後に、「状態一­覧」画面に移り、ドアの開閉状況を1回確認しています。

 

7.SaaSプランの料金

SaaSプランは、「無料メニュー」と「有料メニュー」があります。

  • 無料メニューは、機能と個数、ご利用期間が限定されたメニューです。
  • 有料メニューは、SaaSプランの全機能をご利用いただけます。

SaaS_Menu

  • 「無料メニュー」は、最初のアカウント作成日時から90日間経過後に自動で利用が停止されます。
  • 「無料メニュー」から「有料メニュー」へ変更する事が可能です。
  • 「有料メニュー」は、最初のアカウント作成日時から30日間はトライアル期間となります。
  • 「有料メニュー」をご利用いただく際は、トライアル期間中にクレジットカードの事前チェックが必要になります。
  • 「有料メニュー」のトライアル期間が終了した後も、クレジットカードの事前チェックが無かった場合は自動で利用が停止されます。

有料メニューの料金表は下記となります。料金は、基本料金と導入センサー数、追加アカウント数で構成されます。必要な数だけ導入いただく事が可能です。

SaaS_Price

  • 上記の月額単価は税抜き料金です。
  • 例として、マグネットセンサー(ドア開閉)1個、アカウント1個(基本料金に含む)の料金は、月額800円(税抜)でご利用いただけます。

専用サイトでは、簡単にお見積ができるSaaSプラン 簡易見積フォームをご用意しております。

お支払いはクレジットカードとなります。有料メニューを利用いただく際には、クレジットカードの事前チェックが必要になります。

saas-creditcard-201512

 

8.Raspberry Pi を利用する際のSaaSプラン導入手順

導入手順「無線センサーEnOceanとRaspberry Pi を使って安く簡単に見守りIoTシステムを実現」を公開しています。

raspberrypi-iot-enocean-parts

利用するハードウェアは以下になります。安価に揃える事ができるハードウェアです。(Raspberry Pi のセットアップ時に使う、HDMIモニターとキーボードは、手持ちの物を使う事として計算から除外しています。)

enocean-raspberrypi-set

ネットワーク接続構成は以下のようになります。

enocean-raspberrypi-fanbright-saas

基本的なエンジニアスキル(Linux等)があれば、思い立ってから数日でEnOceanの無線センサーのメリットを享受する事が可能かもしれません。

ぜひご確認ください。

 

9.技術的に難しいが、安価にIoTサービスを導入したい場合

「SaaSプランはIT技術が求められるので難易度が高い」という場合は、「リモート対応サービス」をご確認ください。安価に導入作業のお手伝いを行うサービスで、遠方のお客様向けのサービスです。

remotesetup-top

 

10.サービス情報

SaaSプラン
SaaS-LP-Top_201511

専用サイト
http://iot.fanbright.jp/
fanbright_iot

 

contact_form_bar