無線センサー

利用できる無線センサーは、エナジーハーベスト技術「EnOcean」の無線センサーです。

小型ソーラーパネルやスイッチ動作などで得られる微弱エネルギー源から電力を生成し、その電力を用いてセンサーを動作させ、無線通信を行います。

既製品のドア開閉センサー(マグネットセンサー)や温度・湿度センサー、人感センサー、無線スイッチを利用できます。

No センサー 用途
1 マグネットセンサー ドアや窓の開閉状態を検知
2 温度センサー センサー設置箇所の温度を計測
3 温湿度センサー センサー設置箇所の温度・湿度を計測
4 人感センサー 人の動きを検知
5 無線スイッチ ボタン押下を検知

 

簡単に設置できる無線センサー

センサーの状態を無線で送信するため、センサーの設置レイアウトはとても自由度が高くなります。

enocean-layout-free

 

センサーは、IoTゲートウェイ機器と通信します。

EnOceanセンサーと共に、IoTゲートウェイ機器を設置します。

EnOceanセンサーから送信されるデータは、IoTゲートウェイ機器で受信し、IoTゲートウェイ機器からインターネットを経由して弊社クラウドサーバにデータをアップします。

enocean_network_201510

IoTゲートウェイ機器は、Raspberry Pi や OpenBlocks を利用します。

無線センサーの詳細情報は、各センサーの説明ページに記載しております。合わせてご確認ください。