温度センサー

利用できる無線センサーは、エナジーハーベスト技術「EnOcean」の無線センサーです。

EnOceanの温度センサーです。室内温度をデータ化するセンサーとして利用できます。

ケースの中身はEnOcean無線式温度センサー「STM431J」が入っています。

小型ソーラーパネルが付いており、室内の明かりで稼働します。室内光から得られる微弱エネルギー源から電力を生成し、その電力を用いてセンサーを動作させ、無線通信を行います。

無線センサーは小型かつ軽量である為、両面テープなどで貼り付ける事が可能です。

 

センサー仕様(概要)

STM431Jは、周期的な間隔で、測定した温度を送信します。

温度変化があまりない時は、平均1000秒間隔で温度データを送信します。

温度変化が大きい時は、より短い間隔で温度データを送信します。

項目 内容
電源 小型ソーラーセルで給電
周波数 928.35 MHz
データレート/変調方式 125 kbps / FSK
エネルギー蓄電ゼロからのスタートアップ時間 typ. < 2.5 min @ 400 lux, 25℃
暗闇@25℃での最初の動作時間 typ. 4日(エネルギー蓄電が満杯の場合)
Teach-inボタン あり
寸法 43mm x 16mm x 8mm (STM431Jのサイズ)
動作温度 -20 up to +60℃

 

Web画面例

利用できるWeb画面の例です。選択した温度センサーの状態を表示する画面です。

Web画面では、以下の情報を確認できます。

  • 温度センサーからテレグラムが送信された日時
  • 温度センサーの温度情報(文字情報)
  • 温度センサーのテレグラムをIoTゲートウェイ機器で受信した際のRSSI値(HEX値)
  • IoTゲートウェイ機器を経由してクラウド側で受信した日時

 

メール通知設定

センサーの状態によって、メール通知を設定できます。

  • メール通知の有無(デフォルト:OFF)
  • 閾値設定(指定した温度以下になった時に通知、指定した温度以上になった時に通知)
  • スケジュール(曜日指定で分単位での期間設定)
  • 通知先メールアドレス(アカウントに設定されているメールアドレス毎)

 

分析

期間を指定して、グラフ表示したり、CSVデータをダウンロードする事が可能です。

温度センサーのグラフは、縦軸が温度の折れ線グラフになります。

表示されるグラフは、時間軸が実際のデータとズレる事があります。実際のデータはCSVでダウンロードしてご確認ください。

ダウンロードするCSVファイルには、以下のデータを含める事が可能です。

項目 カラム選択 説明
センサー検知日時 必須選択 センサーが検知した日時(IoTゲートウェイ機器での受信日時)
サーバ受信日時 選択可能 IoTゲートウェイ機器を経由してクラウド側で受信した日時
SenderID 必須選択 EnOceanセンサーの識別ID
dBm 選択可能 RSSI値(HEX値)
温度 必須選択 温度センサーが検知した温度

以下は、CSVデータをExcelで開いた例です(必須選択カラムのみの場合)。

アドオン

温度センサーで利用できるアドオン機能は、アドオンをご確認ください。