クローズド環境

インターネットに接続しなくても、クローズド環境でのご提供も可能です。

IoTサービスのデフォルト構成は、インターネットに接続する構成とする事で、別途作成したログインアカウントを用いて、アカウント認証後に画面を参照する構成となります。

ですが、無線センサーの検知データを商業施設や店舗、企業内の利用者に情報提供したい場合には、お客様のローカルネットワーク環境(Local Area Network)に必要機器を接続する事で、アカウント認証を行わずに情報提供を行う事も可能です。

LoT(LAN of Things)構成でデータ可視化を実施する形となります。

 

画面の例

スマホ用のWebアプリ画面をご用意する事が可能です。スマホはお客様のWiFiネットワークに接続する事で、Webアプリ画面に接続できる形になります。

また、スマホではなく、大型ディスプレイに表示するような画面をご用意する事が可能です。

また、レイアウト図にセンサー検知情報を反映した画面をご用意する事も可能です。

なお、センサー検知データを用いた情報分析が必要な際には、別途インターネット接続(IoT)が必要になります。

 

料金について

クローズド環境(LoT)の場合、初期料金(機器、導入費用)と、月額(機器上で稼働するプログラム利用料)が必要になります。