無線センサーEnOceanとRaspberry Piで安価かつ簡単に見守りIoTを実現

  • 購入してすぐに使えるEnOceanセンサーに特化したIoTサービス

  • Linuxを操作する事が出来れば導入できる

  • とにかく安価に見守りの仕組みを導入したいITエンジニアに最適

見守りIoTでのセンサーの設置例

例えば、遠隔地にある住居内の生活導線上にあるドアの開閉状態をインターネット経由で確認できます。

利用するハードウェア、ソフトウェア、サービス

以下のハードウェア、ソフトウェア、サービスを利用して、約21,000円で見守りIoTを実現できます。

ドア開閉センサー

EnOcean STM429J

受信モジュール

EnOcean USB400J

ゲートウェイ機器

Raspberry Pi 2 Model B

IoTサービス

ファンブライトIoTサービス
SaaSプラン
無料メニュー

システムの概要図

以下のようなネットワーク接続システム構成になります。

EnOceanセンサーから送信されるデータは、ゲートウェイ機器であるRaspberry Piで受信します。

ゲートウェイ機器からインターネットを経由してクラウドサーバにデータをアップし、ブラウザでデータを確認できるようになります。

必要なハードウェア構成

以下のようなハードウェアを揃えます。

ハードウェア 金額 内容
Raspberry Pi 本体 約5,400円 Raspberry Pi 2 Model B
microSD 約1,000円 8GB
Raspberry Pi 用ケース 約1,000円 Raspberry Pi 2 Model B 用 ファン付
USB ACアダプター 約1,000円 5V/2Aだと余裕あり
USBケーブル 約500円 1.2m 超スリムタイプ
LANケーブル 約1,000円 写真では巻き取り式
EnOcean受信モジュール 約3,780円 USB400J
EnOceanマグネットセンサー 約3,780円 STM429J
EnOceanマグネットセンサー用ケース 約3,250円 CS-ENCASE-TEMP/MAG、CS-ENOCEAN-MAG-01

計算すると、総額 20,710円で機器が揃います。

最安値で各ハードウェアを揃えたり、手持ちの物を利用すると、2万円を切るかもしれません。

2万円以下で見守りIoTを実現!

なお、Raspberry Pi のセットアップ時に使う、HDMIモニターとキーボードは、手持ちの物を使う事として計算からは除外しています。

サービス利用時のブラウザ画面例

以下、ファンブライトIoTサービスの画面のピックアップ例です。

画面A:センサーを設置したドアが開いている時

画面A:センサーを設置したドアが閉じている時

画面B:センサーを設置したドアが閉じている時

画面B:センサーを設置したドアが開いている時

簡単に設置できるEnOceanセンサー

STM429J

ドア・窓

ドアや窓などの開閉状態を検知するマグネットセンサーです。ソーラーパネルが付いており、室内の明かりで稼働します。

STM429J

温度・湿度

センサー設置箇所の温度を計測するセンサー(湿度はオプション)です。ソーラーパネルが付いており、室内の明かりで稼働します。

EOSWJ

人感

人の動きを2分間毎に検知する人感センサーです。ソーラーパネルが付いており、室内の明かりで稼働します。

PTM210J

無線スイッチ

スイッチボタンの押下を検知する無線スイッチセンサーです。スイッチが押下される際に発電し、無線信号を送信します。

設置レイアウトが自由

EnOceanセンサーは無線で通信を行う為、配線は不要です。センサーは軽量ですので容易に設置できます。

SaaSプランの利用方法

SaaS(Software as a Service)プランは、初期料金は不要です。

SaaSプランでは、月額料金が不要の無料メニューをご利用いただけます。

SaaSプランは、機器の入手や設定をお客様ご自身が行い、サーバ側のアプリ機能をご利用いただくプランです。

導入手順、サンプルプログラムを公開しておりますので、ぜひご利用ください。

項目 説明
Raspberry Piを使った導入手順 無線センサーEnOceanとRaspberryPiを使って安く簡単に見守りIoTシステムを実現する為の手順です。
導入手順 SaaSプランをご利用いただく際の導入手順です。
プログラム ゲートウェイ機器に設定するサンプルプログラムです。 EnOcean受信モジュールからUARTでシリアル通信データを取得し、クラウドへデータをアップする、極力シンプルな構成としています。
API仕様 クラウド側のデータ登録用API仕様です。お客様にてIoTゲートウェイ機器にプログラムを実装いただく際にご確認ください。

SaaSプランの料金

無料メニューでは、メール通知機能や分析機能はご利用いただけません。

よりEnOceanセンサーを使いこなしたい場合は、有料メニューのご利用をご検討ください。

有料メニューの料金表は下記となります。

料金は、基本料金と導入センサー数、追加アカウント数で構成されます。

必要な数だけ導入いただく事が可能です。

機能の概要

状態を検知

簡単に設置できる無線センサーが状態を検知し、データをクラウドにアップします。

データを可視化

センサーが検知したデータはブラウザで確認できます。データはリアルタイムで表示できます。

メール通知

センサーの状態によって、メール通知を行う条件を設定できます。スケジュール設定できます。

Startメニュー以上が必要

データを分析

センサーが検知したデータはクラウドに蓄積され、グラフやCSVダウンロードによって分析できます。

Startメニュー以上が必要

事業者情報

会社名 株式会社ファンブライト
住所 〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町11番17-1107号
代表者 山下晴規
事業者ホームページ http://www.fanbright.jp
お問い合わせ窓口

お申込み・お問い合わせ »