プロジェクト管理ツール Redmine のご紹介

This entry was posted in お仕事, 製品紹介 and tagged , on by .

ファンブライト山下です。

日々の業務プロセスや、プロジェクトを進めていると、問題や課題を管理し、進捗を記録し、他のメンバーやお客様と共有する為の「仕組み」が必要になります。

皆さんはどのように管理されているでしょうか?

「課題管理表」というExcelファイルや、「WBS(Work Breakdown Structure)」というExcelファイルで管理している方も多いと思います。

ですが、実際に案件毎にExcelで管理台帳を作っていると、いろんな問題点が出てきます。

  • 各メンバーやお客様と最新情報を共有する事には全く向いていない。
  • 進捗がある毎に、Excelを更新する作業は現実的ではない。
  • 情報が粗くなる。
  • etc

そんなExcel管理プロジェクトを脱却する良いツールの一つが「Redmine」です。

課題管理システム、チケット管理システムとして、現場に合わせた使い方が出来る、オープンソースのプロジェクト管理ツールです。

ブラウザで利用するWebアプリケーションです。

Redmine_Web

環境さえ用意すれば、各メンバーやお客様とも情報を共有しやすくなります。

実際には、Redmineによる管理を、まずは現場に浸透させる必要があります。

一旦現場に浸透すれば、沢山のメリットがあります。

  • 業務の状況が分かり易くなり、業務の見える化を実現できる。
  • 管理の為の工数が減少し、本来の業務に時間を割り当てできる。
  • 記録を付けやすくなり、コミュニケーションの促進が期待できる。

弊社では、案件によって(導入できる場合)は Redmine を利用できればと考えています。

スマホ用アプリもありますので、PCを開けなくても状況確認ができ、便利ですよ。

Redmine_android