プログラム可能なインフラストラクチャーに思う事

This entry was posted in お仕事, 興味 and tagged , on by .

ファンブライト山下です。

最近、仮想化基盤である「KVM」や「VMware」、クラウドサービスである「AWS」を触っていてあらためて思う事は、ITインフラの進歩の速さです。

IT業界(インフラ)にいても、ふと気がつくと、今まではハードウェア機器の器を組み合わせて実現していた事が、ソフトウェア的に出来る部分が大変多くなりました。

AWSの様々なサービス、SDNやOpenFlowなどネットワーク関連、Hadoop等を用いたストレージ分野での革新、などなど上げればキリがなく、今後も進歩は続いていくと思います。

この進歩を、お客様やエンドユーザーに享受いただく為に、我々ITベンダーやITコンサルタントが分かりやすく説明したり、使いやすいように導入したりします。

時には悪戦苦闘を繰り返します。叱咤激励をいただく事もありました。これからもあるでしょう。

それでも、日々様々な事を学びながら、邁進していきたいと思います。

とか考えながら、技術のお勉強もしています。