Raspberry Pi と 電池不要な無線通信モジュール EnOcean と FHEM でホームオートメーション

This entry was posted in IoT, 製品紹介 and tagged , , on by .

追記 2015年11月:EnOceanに特化したIoTサービスを提供中です。

現在、EnOceanに特化したIoTサービスを提供しています。

EnOcean-IoT-Service

FHEMもいいですが、当社IoTサービスの SaaSプランもぜひご確認ください。

EnOcean_SaaS_info

 

2015年5月の本記事は以下になります。

エネルギーハーベストを使用したバッテリーレスのワイヤレスセンサー「EnOcean」製品を試してみました。

「EnOcean」はヨーロッパで広く使われている自己発電型のセンサー技術です。日本では重要文化財など、電源やネットワークケーブル用の配線工事が難しい箇所への導入実績があるようですが、詳細情報はまだまだ少ない状態です。ですが、EnOceanの仕様に合致するような要件であれば、とても有用で面白い技術です。

今回、Raspberry Pi と EnOcean 製品を使ってホームオートメーション用サーバ環境(FHEM)を構築しました。簡単ではございますが、そのご紹介となります。

利用したものは以下です。

  • Raspberry Pi 2 Model B
  • EnOcean USB400J(USBドングル)
  • EnOcean STM429J(ドアや窓の開閉状態を検知できるマグネットコンタクトモジュール)
  • EnOcean EOSWJ(人感センサー)
  • FHEM(ホームオートメーション用Perlソフトウェア)

 

ハードウェアは以下のようになります。

Raspberry-EnOcean

 

ハード的には、センサー側の配線(電源、ネットワーク)が不要、かつ、センサー自体と無線通信が自己発電型(今回の試作はソーラーパネル版)である事が一番の特徴となります。

 

センサーの状態を確認できるホームオートメーション用サーバソフトウェアとして「FHEM」を使いました。画面は以下のような感じです。

20150515_Fhem_EnOcean

 

マグネットコンタクトモジュール「STM429J」は様々な使い方ができますが、ドアや窓の開閉状態を検知する事もできます。上の画像で「Door」となっている部分が該当します。

今回は引き戸(ドア)の開閉状態を検知できるようにしてみました。

引き戸が閉じている時の写真は以下です。マグネットコンタクトはとても軽いので、両面テープなどでも取り付けできます。

door_closed_picture

上記写真の引き戸が閉じている時のFHEM画面(Web画面)は以下になります。赤丸の箇所はドアが閉じている画像を設定しています。なお、FHEM画面のアイコンなどは容易に変更できます。

20150515_Fhem_Door_closed

 

では、次に引き戸(ドア)を開けている場合を見てみます。

以下の写真は引き戸を少し開けています。マグネット(右側)が扉に付けてあります。センサー(左側)は柱に付けてあります。センサーとマグネットが離れた状態(引き戸が開いている状態)です。

door_open_picture

その際のFHEM画面(Web画面)は以下になります。設定したアイコンが分かり難いかもしれませんが、赤丸のアイコンは、ドアが開いているアイコンになります。

20150515_Fhem_Door_open

 

引き戸(ドア)を開閉したタイミングで、即座にFHEM画面(Web画面)にも状態が反映されます。

 

以上、ピックアップになりますが、Raspberry Pi と EnOcean、FHEM の導入例となります。

 

今回はお手軽にEnOceanを試用する為に、Raspberry Pi と USB400J、FHEM を使いましたが、Raspberry Pi と FHEM は製品の位置付け的に企業ユースは難しいかと思います。

手元にArmadillo-IoTとEnOceanアドオンモジュールを用意してあるので、別途新たな仕組みを試していく予定です。ご興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。