会議室の利用状況をレイアウト図に反映

This entry was posted in IoT and tagged , , on by .

会議室にEnOcean人感センサーを導入すると、利用状況をレイアウト図に反映させる事が可能です。

会議室が空いているかどうかを、実際に会議室に行かなくてもサイネージ画面などで確認できるようになります。

meetingroom-layout-colormap

執務室と会議室が離れた場所にある場合、会議室に行かなくても「現在、空いている会議室」をリモートから確認できるため、空予約で実際に使われていない会議室も有効に活用できるようになります。

利用する人感センサーは無線センサーですので、配線は不要で、すぐに利用できます。

occupancy-sensor

人感センサーが検知したデータはクラウドに蓄積されるため、用意されている分析機能をご利用いただけます。

addon_heattime

レイアウト図と人感センサーを連携させるためには個別開発が必要になりますが、本ページのようなレイアウトの場合は開発期間はかなり短いです。

詳細は「会議室の利用を可視化」でご確認いただけます。

contact_form_bar