クラウド選定・導入・活用支援

クラウド(IaaS)導入に関する要件定義や、クラウドサービスの選定をご支援します。

現在、各サービスプロパイダーによって数多くのクラウドサービスの提供が行われていますが、システムをクラウドに導入する際には、専門的な知識多くの労力が必要となります。

弊社では、お客様のクラウド導入に関する要件定義や、クラウドサービスの選定、クラウド導入時や導入後の活用を幅広く支援します。

自社にあったクラウドサービスの選び方や、導入や活用の支援を受けられるサービスです。

cloud-support_201402

サービス概要

お客様にて、クラウドサービスの導入を検討する際にご利用いただける、以下の支援サービスです。

  • 現状調査、現行課題の抽出
  • 要件定義書の作成
  • 提案依頼書(RFP)の作成
  • クラウド事業者様への提案依頼と提案入手
  • クラウドサービスの評価基準書の作成
  • クラウドサービスの選定
  • クラウドサービスの導入・活用

お客様側の立ち位置にて、各種対応を実施します。 

1.要件定義フェーズ

クラウドサービスを選定する前に、利用者としての要求事項(機能要求、非機能要求など)を明確にするご支援を実施します。

  • システム移行が伴う場合、現行システムの現状調査や現行課題の抽出を行います。
  • 各要件を整理するご支援を実施します。
  • 非機能要求では、IPAの資料などを活用し、分かり易い指標を用いた表現が可能となります。
  • 必要に応じて、要件の重み付けなどを実施します。
  • 提案依頼書(RFP)を用意する必要がある場合は作成支援を実施します。

2.クラウド選定フェーズ

自社の要件に合うクラウドサービスを選ぶ事になりますが、クラウドサービス事業者毎にサービス内容は異なるため、選定作業は非常に骨が折れる作業になります。

弊社では、お客様側の立ち位置で、候補となるクラウド事業社のピックアップと比較検討を行う支援を実施します。

  • 必要に応じて提案依頼書(RFP)をクラウド事業者に配布します。
  • 提案書/見積書を受領、評価を行う支援を実施します。
  • 評価では、評価基準を事前に定義し、選定作業がスムーズに進むようにご支援します。

クラウドの利用はメリットばかりではなく、デメリットやリスクも存在します。要求事項を満たさない部分に対する対策・判断のご支援も実施します。

3.導入フェーズ

新規システムをクラウド基盤に乗せる、もしくは、既存システムをクラウド基盤に移設する際には、多くの技術作業や調整事項が必要になります。

導入フェーズでの作業がスムーズに進むように、各種調整やエンジニア作業の支援を実施します。

4.活用フェーズ

導入後の活用フェーズにおいても、クラウド特有の仕様や課題に対する支援を実施します。

  • システム活用状況のモニタリングを支援します。
  • 新たな要求事項に対応する為の継続支援を実施します。

※ 全フェーズではなく、必要なフェーズだけでのご支援も可能です。

サービス

ご相談は無料で受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム

弊社の特徴

  • IT経験の豊富なエンジニアが対応します。
  • お客様の環境(経営、状況、IT)を理解し、お客様側に立ち、近い距離感で対応します。
  • クラウドのメリットをお客様が活用できるように対応します。
  • 進捗や課題を共有しやすい仕組みを導入し、お客様と共に対応を進めます。

こんな会社にお勧めです

本サービスは、次のような会社に向いています。

  • 気軽に相談できるITパートナー、長く付き合えるITパートナーをお求めの方
  • IT環境について幅広い視点と対応範囲で対応してくれるITパートナーをお求めの方
  • 相互にパートナー意識を持って、しっかりとやり取りをしながら進めたい方
  • 自社の課題に対して真剣に取り組み、当社に相談いただける方

お客様が得られるメリット

  • 一つ一つの課題を確実に進めていくことが可能となります。
  • 対面を含め、しっかり情報共有を行う事ができます。
  • 最適なIT構成の実現、IT運用・活用を目指す事ができます。

ご依頼の流れ

flow_201311

本サービスについて

本サービスは、お客様とじっくりお付き合いし、共にお客様のシステム課題に取り組んでいくサービスとなります。まずは、ご訪問させていただく時に、ご要望や期待をお聞かせください。

もし、本サービスに合致しなかった場合も、お客様に合致するご提案・アドバイスやご紹介をさせていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

contact-620-60