Tag Archives: Zabbix

Zabbix2.2 の Web監視を使って定期的なWebシナリオ監視を設定

This entry was posted in インフラ環境, 監視, 製品紹介 and tagged , on by .

Zabbixには「Web監視」(ウェブ監視)という機能があり、Webサイトの稼働を様々な視点で定期的にチェックできます。

システム監視を行う際に、エンドユーザー視点でWebサイトが機能している事を監視できる便利な機能です。

zabbix-webwatch

Web監視の機能

以下のような機能があり、すべてWebブラウザから設定できます。

  • 指定したWebページの応答コードを監視できる
  • 指定したWebページに表示される文字列を監視できる
  • 複数のWebページをステップとしてまとめて、一つのシナリオとして監視できる
  • シナリオを実行するユーザーエージェントの指定ができる
  • 監視するWebページに対して、GETやPOSTでの変数設定ができる

一覧のWeb操作をシナリオとして定義設定して監視できますので、Webシナリオ監視的な感じで利用できます。

シナリオ例

当社のラボサイトをWeb監視を使って監視してみます。ログイン認証機能がありますので、一連のログイン処理を監視する事とします。

labsite-login-form

次のようなシナリオでWeb監視を設定する事にします。

  1. ログインフォームを表示(表示される文字列をチェック)
  2. 認証URLにログインアカウントとパスワードを送信
  3. 正常にログインできた事を確認(ログイン先URLに表示される文字列をチェック)
  4. 認証が必要なページの表示確認(文字列をチェック)
  5. ログアウト処理
  6. ログアウトしている事を確認(文字列をチェック)

このシナリオを例えば5分間隔で繰り返し実行する事によって、サイトの正常性を定期的に監視できる事になります。

設定の流れは以下のようになります。

1.Web監視の設定画面を表示

まず、「設定」ー「ホスト」画面から、Web監視を設定したいホストの「ウェブ」リンクをクリックします。

zabbix-host-web

上の赤丸の箇所です。リンク先の「ウェブ監視の設定」画面で「シナリオの作成」ボタンを押下します。

zabbix-scenario-buttom

すると、以下の「ウェブ監視の設定」画面が表示されます。

zabbix-webmonitor-form

2.シナリオ設定

表示画面で「シナリオ」タブと「ステップ」タブがありますが、まずは「シナリオ」タブで必要事項を設定する事にします。

「更新間隔」で監視を行う間隔、「エージェント」でユーザーエージェントの指定ができます。

3.ステップ設定

次に「ステップ」タブを表示します。「追加」リンクをクリックします。

zabbix-step-add

ステップの設定フォームは以下のような感じです。

zabbix-step-form

必要な分だけ、ステップを追加する事が出来ます。6個のステップを追加した際は以下のような表示になります。

zabbix-step-all

設定が終わったら、「保存」ボタンを押下します。

4.監視状態の確認

Web監視のステータスは「監視データ」ー「ウェブ」画面から確認できます。

zabbix-webmonitor-status

シナリオ名のリンク(上画像の赤丸)をクリックすると、ウェブ監視のステータス画面が開き、シナリオ実行結果としての各種データを確認できます。

zabbix-webmonitor-6step

Web監視が機能しており、監視対象サイト(弊社ラボサイト)が正常に稼働している事が確認できます。

以上、Zabbix 2.2 の Web監視を用いた設定例となります。便利な機能ですので、ぜひご利用をご検討されてはいかがでしょうか。

システム監視ツール「Zabbix」のご紹介と対応サービス

This entry was posted in インフラ環境, お仕事, 監視 and tagged , on by .

システム基盤のクラウド導入が進む現在では、今まで以上に迅速な対応が求められています。
また、DevOpsを実践する上でも、迅速なシステム監視、状況分析が必要になっています。

Zabbixは、クラウド時代、DevOps時代に適した監視ツールです。 Continue reading

WordPressサイトを監視する場合

This entry was posted in 監視 and tagged , on by .

こんにちは!ファンブライト山下です。

WordPress で構築したWebサイトを運用されている方(会社)は多いと思います。動かすだけであれば構築は簡単ですし、SEO対策としても優れたCMSですので恩恵を得ている方(会社)が多いと思います。

ただ、表示速度が遅いという箇所は難点なのかなと思います。キャッシュ系のプラグインを利用したり、apacheからNginxに乗せ換えたりといったところが表示速度改善の対策になるかと思います。

私もWordPressを利用しており、表示速度について悩んだ時期があります。今は対策は取っていますが、一度表示速度について問題認識を持ちましたので、今はサイトを定期的にZabbixで監視し、取得したパフォーマンスデータ(Web監視)を時々確認するような運用をしています。

また、パフォーマンスデータだけではなく、LAMP環境(Linux、apache、MySQL、php)としての監視も一応行っています。

Zabbixを使うと監視導入が非常に楽なので、ついつい色々な監視を実装しがちです。うれしい悲鳴だと思いますが、数が多い場合は、該当のLAMP環境やZabbix環境でのそれなりの負荷も気にしたほうが良さそうです。「最低限、この監視項目はLAMP環境の監視として設定しておきたいかな。」というような基準は必要だと思います。

監視項目数で10個から20個ぐらいに抑えるイメージで、以下にピックアップしてみました。

カテゴリ 監視メニュー 監視内容
サービス監視 Ping応答 対象IPアドレスに対するICMP応答を監視
HTTP応答 Webサーバの応答を監視
SSH応答 SSHサーバの応答を監視
リソース監視 CPUアイドル率 CPUアイドル時間を監視
CPUロードアベレージ監視 CPUロードアベレージ(1分平均/5分平均/15分平均)を監視
空きスワップ領域 スワップメモリの空き容量を監視
ディスク使用率 指定パーティションのディスク使用率を監視
MySQL ステータス MySQLの状態を監視
クエリー数 秒間クエリー数を監視
ログ監視 テキストログ監視 指定テキストログで指定キーワードの出現を監視

この監視項目にプラスして、Web監視でパフォーマンスデータを取得する感じです。

(エンジニアの)みなさんはいかがお考えでしょうか?(いろんなご意見があるかと思います!)

ご参考まで。

システム監視のアラート大量発生を抑えるZabbixトリガー「依存関係」機能の紹介

This entry was posted in 技術ナレッジ and tagged on by .

システム監視を導入していると、複数の監視ポイントから同時に障害通知メールが発生した事を経験された方もいらっしゃるかと思います。

特に、監視マネージャからのポーリング型の監視を導入している場合には、監視対象までのネットワーク経路にある機器などで障害が発生すると、監視マネージャから大量の障害通知メールが発生するケースが想定されます。

監視ツールである「Zabbix」では、そういったケースに対応できるように、アラート検知の機能である「トリガー」にて「監視項目毎の依存関係」を設定する事ができます。それによって、障害通知メールの数を抑制する事が可能になります。

トリガーの依存関係の説明資料を以下に用意しましたので、ご参考までに参照いただければと思います。

※ SlideShareを使ってみたくて、パラパラと確認する事に向いている資料を作成してみた次第です。