さまざまな仕組み

人数や人の有無などを検知する仕組みについて記載しています。

仕組み 内容
LiDARで人数カウント 3D LiDARで人体毎の距離を計測し、人数をカウント
動画解析で人数カウント カメラで動画を取得し、機械学習で人数をカウント
滞在秒数を計測 深度カメラを使い、指定距離内に滞在していた秒数を計測
物体までの距離で検知 距離センサを使って所定の位置に物体がある事を検知
環境音をデータ化 環境音をマイクで収集し、数値データで確認

 

LiDARで人数カウント

3D LiDARのレーザー光で人体毎の距離を測定し、人数をカウントします。

詳細は「LiDARで人数カウント」をご確認ください。

 

動画解析で人数カウント

機械学習の技術を使って、カメラで取得している動画をリアルタイムで解析し、人の出現回数などをデータ化します。

以下は人を認識している例となります。

詳細は「動画解析で人数カウント」をご確認ください。

 

滞在秒数を計測

人が指定距離内に指定秒数以上滞在した際に、滞在していた秒数を自動で記録するサービスです。

詳細は「滞在秒数を計測」をご確認ください。

 

物体までの距離で検知

所定の位置に物体がある事を距離センサを使って検知し、可視化や分析が可能です。

詳細は「物体までの距離で検知」をご確認ください。

 

環境音をデータ化

環境音を数値データとしてマイクで収集し、Webアプリからリアルタイムで確認できます。

詳細は「環境音をデータ化」をご確認ください。

 

お問い合わせ

Webお問い合わせフォームからお問い合わせください。