選択

IoTサービスの基本機能は、専用のWebサイトにログインする事で利用できます。

選択したセンサーに関する情報を、テキスト、グラフ、アイコン画像(大)でリアルタイム表示します。

 

選択したセンサーの状態が変化すると、Web画面にリアルタイムで反映されます。上の画像がドアが開いている状態で、下の画像がドアを閉じた際の状態です。

 

 

また、本画面では、登録センサーの検索表示も可能です。検索できる項目は下記となります。

検索方法 項目 内容
登録設定内容による検索 センサー種別 プルダウンで選択
名前 設定しているセンサーの名称を部分一致で検索
場所 設定しているセンサー設置場所名を部分一致で検索
SenderIDによる検索 SenderID SenderIDを部分一致で検索

以下は、センサー種別を「人感センサー」、名前を「会議室」で検索した結果の画面です。

 

 

上の画面では、該当するレコードが3件出力され(画面中央部の表)、その内の1件のデータを画面下部(アイコン、グラフ、表)で表示しています。