センサーサイネージ マイコン版

無線センサの検知状況をセンサーサイネージとしてモニターに表示する事が可能です。

無線センサが検知したデータを、人が分かり易いようにHDMIモニターに表示します。

マイコン版の特徴

マイコン版は、OS非搭載でファイルシステムが無い為、ファイルシステム不具合がありません。

注意点は下記になります。

  • 画面解像度は低い為、小型モニターでは目立ちませんが、大型モニターでは画面が粗くなります。
  • 画面修正が必要な際は、リモートから対応できない構成になる為、機器を郵送いただくか、代替機器への交換などが必要になります。
  • 本機器の再起動時にセンサが検出した値を保持する必要がある場合は、本機器は使えません。

表示モニターについて

マイコン版では 最大1280 x 720 60Hzで表示します。接続される端末の表示解像度で自動調整できる一般的なPC用モニターで表示が可能です。HDMIインターフェースを利用します。

解像度は 1280 x 720 で少し低いですが、センサーサイネージとしての機能的には支障ありません。

確認済のHDMIモニター

現在、下記のHDMIモニターで表示確認できております。

HDMIモニター説明
LG 23MP7523インチ、アスペクト比 16:9
LG 29UM59-P29インチ、アスペクト比 21:9(少し横長で表示)
CENTURY LCD-10169VH310.1インチ、アスペクト比 16:9
GP1001D110.1インチ、アスペクト比 16:9
HITACHI Wooo P42-HR0142インチ、アスペクト比 16:9

当社が所有している全てのHDMIモニターで表示確認は出来ておりますが、モニターによっては表示できない事も想定されていますので、事前に表示確認を行える事が望ましいです。

画面例

以下はHDMIモニターでトイレ満空サイネージ画面を表示している写真です。

以下は別の表現方法でトイレ満空サイネージ画面を表示している写真です。

システム構成

最も簡易的なシステム構成は下記のようになります。無線センサの設置場所とHDMIモニターの距離が近い場合に利用できる簡易構成となります。

無線センサの設置場所とHDMIモニターの距離が遠い場合は、下記のようなシステム構成も可能です。

下記のような共通の特徴があります。

  • HDMI出力が可能なマイコンを利用します。
  • 電源を接続すると起動し、HDMIモニターに表示します。
  • 当社はリモート接続できない構成となります。無線センサ電波強度などの管理用情報は、現地でお客様ご自身で状況確認が可能です。

安価に簡易PoCを実施可能

概算見積に支障がなく、導入を進めたい場合は、まずは簡易PoC(実証実験)でお試しいただく事をお願いしております。実機を用いた簡易的な検証・PoCとなります。

詳細は「簡易PoC」をご参照ください。

他のセンサーサイネージ構成との比較

他のセンサーサイネージ構成との比較表は下記になります。

本ページは「マイコン版」のご説明ページです。

種別OS搭載版マイコン版マイコン定型版
表示内容カスタマイズカスタマイズ定型画面
表示解像度(※1)1920 x 1080 等1280 x 720 1280 x 720 等
対象センサ種別制限なし制限なし開閉センサのみ
対象センサ数制限なし制限なし1~4個
想定用途用途は問わず用途は問わずトイレサイネージ
SIM(LTE)必要未使用未使用
クラウド連携××
機器の導入(※2)ファンブライトお客様お客様
リモート管理(※3)××
設定変更リモート対応センドバックお客様(※4)
料金個別見積個別見積料金表あり
  1. 事前に利用予定のHDMIモニターへの表示確認が必要
  2. 導入時の機器設置作業の主担当
  3. SIM経由でのファンブライトによるリモート管理・変更の可否
  4. 設定変更は、お客様のスマホから機器にWi-Fi接続する事で可能

補足:小型画面

HDMIモニターではなく、2インチで解像度320 x 240の画面に表示するように準備する事も可能です。

少数のセンサ情報を手元で表示する用途で利用できます。(画面が小さい為、多数のセンサ情報の表示には向いていません。)

以下は小型画面でセンサ情報を表示している写真です。

  • 左側は、開閉センサ2個の開閉状況を表示しています。
  • 右側は、PrivateLoRaセンサ6個の状況を表示しています。