IoTゲートウェイ機器

無線センサを利用する場合、無線センサから送信されたデータを受信し、当社クラウドにデータを送信するIoTゲートウェイ機器が必要です。

無線センサと共に、IoTゲートウェイ機器を設置します。

  • IoTゲートウェイ機器は、無線センサからのデータを良好に受信できる場所に設置する必要があります。
  • IoTゲートウェイ機器は常時通電される電源に接続します。1台に付きコンセントの口が1個必要になります。

無線センサは、短距離用のEnOcean無線センサ長距離用のPrivateLoRa無線センサを利用可能です。

インターネットに接続する手段

IoTゲートウェイ機器は、無線センサからのデータを受信した際にクラウドへデータを送信しますので、インターネットに接続する必要があります。

インターネットに接続する手段は、下記がございます。

手法内容
SIMを利用当社が契約するドコモ系のSIM(LTE)を利用します。
Wi-Fi環境を利用お客様が管理するWi-Fiアクセスポイントを利用します。
LTE-Mを利用当社が契約するドコモ系のSIM(LTE-M)を利用します。

SIMを利用

SIMデータ通信を利用する場合、当社が契約するドコモ系のSIM(LTE)を利用しています。IoTゲートウェイ機器はSIM電波が良好な場所に設置する必要があります。

詳細は「SIM搭載 IoTゲートウェイ機器」を参照ください。

Wi-Fi環境を利用

Wi-Fi環境を利用する場合は、お客様が管理するWi-Fiアクセスポイント(AP)に接続します。

詳細は「Wi-Fi版 IoTゲートウェイ機器」を参照ください。

LTE-Mを利用

消費電力が少ないマイコンとLTE-Mを利用するIoTゲートウェイ機器です。

2022年3月現在、まだ正式リリースは行っておりません。