人数カウント方法

当社サービスで利用できる、人数を検知する仕組みについて記載しています。

混雑状況や通行人数をカウントする際に利用する仕組みは下記になります。

どのような環境で、どのような人数をカウントするかによって、最適な手法を用います。

仕組み内容
3D LiDAR3D LiDARで人体毎の距離を計測し、人数をカウント
カメラとAIカメラで動画を取得し、機械学習で人数をカウント
ステレオカメラ頭と肩の形を認識して、人間の足を追跡し、高い精度で人数カウント
簡易通行カウントカベ面に貼り付ける機器で、ピンポイントのレーザー光2個による通行方向をカウント

3D LiDAR

面照射のレーザー光で人体毎の距離を測定し、人数をカウントします。

詳細は「3D LiDAR」をご確認ください。

カメラとAI

機械学習の技術を使って、カメラで取得している動画をリアルタイムで解析し、人の出現回数などをデータ化します。

以下は人を認識している例となります。

詳細は「カメラとAI」をご確認ください。

ステレオカメラ

人数カウントに特化したステレオカメラ(専用ソフトウェアを内蔵)を使って、高い精度で通行人数を計測します。

詳細は「ステレオカメラ」をご確認ください。

簡易通行カウント

通路の通行者数を容易に計測可能です。カベ面に両面テープで貼り付けできる機器を用いるため、工事は不要ですぐにカウントが可能になります。

詳細は「簡易通行カウント」をご確認ください。

補足事項

  • 機器のみの販売は行っておりません。当社サービスのご提供時においてのみ、機器類を販売しております。
  • 当社サービスは初期料金と月額が必要になります。
  • 短期利用も可能です。短期用のサービス料金がございます。
  • 料金は、各サービス用のページを参照ください。
人の通行を自動でカウント
短期間のみの利用の可能、 分析やPoC用途に最適