混雑カウンター

指定エリアに居る人数を自動でカウントするサービスです。容易に利用を開始できます。

計測したデータはクラウドに送信され、いつでも計測データを確認できます。

 

想定される利用目的

利用目的 内容
混雑エリアを計測 店舗や商業施設などの待ち行列エリアや混雑エリアの人数を計測
滞在エリアを計測 案内所などの来客状況をリアルタイムでデータ化、接客サービス向上へ

短期間の調査などでもご利用いただけます。

 

1.人数カウントの仕組み

人数をカウントする仕組みは、下記の2種類があります。

仕組み 内容
3D LiDAR装置を利用 レーザー光を使って人体毎の距離を測定し、人の存在を検知
動画解析技術を利用 カメラとAIによる動画解析を使って、人の存在を検知
    それぞれの検知イメージは以下になります。3D LiDARでは仮想的なエリアを定義してその中にいる人をカウントします。動画解析ではカメラに映る範囲の人をカウントします。また別途、仮想的なエリアを定義する事も可能です。

対象環境やご予算感に合わせて、合致した仕組みを選定する事になります。

比較表は下記になります。

項目 3D LiDAR装置を利用 動画解析技術を利用
計測装置 3D LiDAR装置 カメラとAI
特徴 複数人が並んでいる場合も正確に検出 軽量機器、安価に利用可能
設置場所 天井、壁際など(いずれも室内) 天井、壁際など(いずれも室内)
検知精度 中~高(設置環境による) 中~高(設置環境による)
料金感 高(※) 低~中(※)

※ 料金感は、本ページ下部に記載しております。

 

2.データ計測

2-1.「3D LiDAR装置を利用」の場合

1分毎に指定エリア内に居る人数をカウントします。

 

2-2.「動画解析技術を利用」の場合

動画のフレーム毎に検知人数を計測し、1分毎に検知した人数の平均値をカウントします。

動画解析では、サイネージと組み合わせる場合はより短い期間(例:10秒間隔)でカウントする事も可能です。

 

3.Webアプリでデータを確認

Webアプリにログインする事で、いつでもデータを確認する事が可能です。

1分間隔の検知数の元データをグラフ参照する事や、期間を指定してCSVデータとしてダウンロードする事が可能です。

また、直近1週間分の1時間毎の検知数をヒートタイムのグラフで出力したり、ヒートタイムの元データを期間を指定してCSVダウンロードする事も可能です。

 

4.オプション

オプションメニューは下記になります。

オプション項目 内容
利用者へ情報提供 混雑状況の情報を、スマホやPC画面、サイネージなどで表示する

 

5.料金感とサービス提供について

「混雑カウンター」のサービス料金は、初期費用と月額で構成されます。

初期費用は「機器料金」と「導入作業」です。月額は主に「Webサービス料金」と「プログラム利用料金」となります。

概算見積は、ご要件をお聞きした上での個別見積となります。

サンプル料金は下記になります。

仕組み 内容 初期 月額
3D LiDAR装置を利用 1セット、導入場所が東京 約45万円 18,000円
動画解析技術を利用 1セット、導入場所が東京 約25万円 11,000円

※ 初期料金はボリューム割引が可能です。

なお、いずれも弊社レンタル用機器を用いて、短期間だけのご利用も可能です。スポットでのデータ分析用途、実証実験用途にご利用いただけます。

仕組み 内容 料金
3D LiDAR装置を利用 1セット、2週間、導入場所が東京 約25万円
動画解析技術を利用 1セット、2週間、導入場所が東京 約15万円