通行カウント

人の通行(2方向)を自動でカウントするサービスです。容易に利用を開始できます。

計測したデータはクラウドに送信され、いつでも計測データを確認できます。

想定される利用目的

利用目的 内容
施設内の通行人数を計測 商業施設内の店舗内における人の動線確認用に人数をカウント
設備の利用人数を計測 駅や商業施設の利用者人数をカウント

短期間の調査などでもご利用いただけます。

1.通行検知の仕組み

人の通行を検知する仕組みは、下記の2種類があります。いずれもリアルタイムで計測します。

仕組み 内容
3D LiDAR レーザー光を使って人体毎の距離を測定し、人の通行を検知
ステレオカメラ 頭と肩の形を認識して、人間の足を追跡し、高い精度で人数カウント
    それぞれ、通行を計測する場所に仮想的なカウントラインを設けて、そのカウントラインを超えた時に、各方向毎にカウントします。

  • 3D LiDAR装置の詳細は「3D LiDAR」を参照ください。
  • ステレオカメラの詳細は「ステレオカメラ」を参照ください。

対象環境やご予算感に合わせて、合致した仕組みを選定する事になります。

比較表は下記になります。

項目 3D LiDAR ステレオカメラ
計測装置 3D LiDAR装置 ステレオカメラ(3D Depth)
特徴 複数人が並んでいる場合も正確に検出 高い認識率でカウント可能
検知エリア 通行者が通る開けた場所 通路
機器設置 天井、壁際など(いずれも室内) 天井(室内・屋外)
検知精度 高(設置環境による) 高(設置環境による)
料金感 本ページ下部に記載 本ページ下部に記載
  • 3D LiDAR装置は、開閉するドアや扉などが隣接しない開けた場所が対象エリアとなります。
  • ステレオカメラは、通路や入り口などを通行する人をカウントします。
  • 料金感は、本ページ下部に記載しております。

2.データ集計

人の通行方向(2方向)毎に通行者を検知し、一定期間毎に検知回数を集計します。

  • 計測間隔のデフォルトは1分間です。5分間や10分間などでも設定可能です。
  • 集計データはクラウドに保存します。

3.Webアプリでデータを確認

Webアプリにログインする事で、いつでもデータを確認する事が可能です。

1分間隔の元データはグラフで参照する事や、期間を指定してCSVデータをダウンロードする事が可能です。

また、日指定による1時間毎の24時間グラフ(棒グラフ)や、月指定による日次グラフ(棒グラフ)も参照できます。以下は、24時間グラフの例です。

4.料金感とサービス提供について

サービス料金は、初期費用と月額で構成されます。

初期費用は「機器料金」と「導入作業」です。月額は主に「Webサービス料金」と「プログラム利用料金」となります。

サンプル料金は下記になります。

仕組み 内容 初期 月額
3D LiDAR 1セット、1分間毎、導入場所が東京 約45万円 12,000円
ステレオカメラ

1セット、1分間毎、導入場所が東京 約40万円 12,000円
1セット、5分間毎、導入場所が東京 約40万円 9,000円
  • お見積は、ご要件をお聞きした上での個別見積となります。
  • 料金はご要件や設置環境などによって変動します。
  • 料金はボリューム割引が適用されます。

なお、いずれも弊社レンタル用機器を用いて、短期間だけのご利用も可能です。スポットでのデータ分析用途、実証実験用途にご利用いただけます。

仕組み 内容 料金
3D LiDAR 1セット、2週間、導入場所が東京 約30万円
ステレオカメラ 1セット、2週間、導入場所が東京 約35万円