SIM搭載 IoTゲートウェイ機器

無線センサを利用する場合、無線センサから送信されたデータを受信し、当社クラウドにデータを送信するIoTゲートウェイ機器が必要です。

当社が契約しているデータ通信用のSIMを搭載したIoTゲートウェイ機器を利用いただけます。

無線センサが検知したデータは、IoTゲートウェイ機器のSIM(LTE)を経由して当社クラウドにアップされ、データはPCやスマホのブラウザで確認いただけます。

SIM搭載 IoTゲートウェイ機器は、当社サービスで最も利用頻度が高い導入機器です。下記のような当社サービスで利用しています。

SIM搭載 IoTゲートウェイ機器

無線センサの設置環境や設置レイアウト、ご要件や利用機能に合わせて、利用するIoTゲートウェイ機器を選定しております。

IoTゲートウェイ機器内容
Raspberry Pi 端末SIMモジュールを搭載した多少安価なIoTゲートウェイ機器
OpenBlocks IoT 端末SIMモジュールを搭載したIoTゲートウェイ機器

IoTゲートウェイ機器は常時通電される電源に接続します。1台に付きコンセントの口が1個必要になりますので、設置場所にコンセントをご用意いただきます。

導入・管理は当社が実施

IoTゲートウェイ機器は、無線センサからのデータを良好に受信でき、SIMデータ通信が良好に行える場所に設置する必要があります。

無線センサとIoTゲートウェイ機器の設置場所や位置によって、様々な調整が必要になる事がある為、導入前の事前確認や導入作業は当社にて実施しております。

導入後の管理も当社にて実施しておりますので、お客様は安心して当社サービスをご利用いただけます。

利用できる無線センサ

当社サービスでは短距離用の無線センサ(EnOcean)と長距離用の無線センサ(PrivateLoRa)を利用でき、IoTゲートウェイ機器も双方に対応しております。

短距離用の無線センサは、エナジーハーベスト技術「EnOcean」の無線センサです。小型ソーラーパネルやスイッチ動作などで得られる微弱エネルギー源から電力を生成し、その電力を用いて無線センサを動作させ、無線通信を行います。

EnOcean無線センサから送信されるデータは、IoTゲートウェイ機器で受信します。IoTゲートウェイ機器は受信データをインターネット上の当社クラウドサーバへ送信します。(クラウドサーバを使わない構成も可能です。)

長距離用の無線センサは、LPWAのPrivate LoRa 無線センサです。屋外の見通し距離で数km以上の無線通信が可能で、消費電力も少ない無線センサです。

Private LoRa 無線センサから送信されるデータは、IoTゲートウェイ機器で受信します。IoTゲートウェイ機器は受信データをインターネット上の当社クラウドサーバへ送信します。(クラウドサーバを使わない構成も可能です。)

IoTゲートウェイ機器の種類

SIM搭載 IoTゲートウェイ機器とWi-Fi版 IoTゲートウェイ機器の差異は下記になります。

種別SIM搭載 IoTゲートウェイ機器Wi-Fi版 IoTゲートウェイ機器
SIM(LTE)必要未使用
小型画面×
電源ブツ切り×
プログラムカスタマイズ可能標準プログラムのみ
リモート管理×
現地設定当社お客様
機器の管理当社お客様
月額@1台目(割高)2,000円(SIM料金含む)500円