EnOcean PoE受信機

コンセントがない場所にEnOcean受信機(IoTゲートウェイ機器)を導入する事が可能です。

EnOceanの無線センサを設置する際には、他の無線規格と同様に、無線センサからのデータを受信できる範囲内にEnOcean受信機(下図の小型端末が該当)の設置が必要です。

通常、小型端末には電源供給用のコンセントが必要になります。

ですが、コンセントのご用意が難しい場合、下図のようにLANケーブルで電源供給が可能なPoE(Power over Ethernet)に対応したEnOcean受信機で対応する事も可能です。

コンセントが取れる場所にPoEスイッチハブを設置し、100m以内のLANケーブル(Cat5e以上)で接続する構成となります。

その他、当社では状況に合わせながら様々なシステム構成が可能です。

導入予定の場所の詳細情報(住所、レイアウト図、現地写真など)を頂き、現地調査を実施する事で、ご要件にあったシステム構成をご提案させていただきます。

無線通信距離を伸ばしたい場合
コンセントがない環境に導入する場合
SIM通信が届かない場所の場合