トイレIoT

無線センサを使って、トイレの利用状況を分かり易く可視化するIoTサービスです。

トイレ利用状況のデータ収集や、利用者に対するスマホ表示やサイネージなど、様々な対応が可能です。初期導入から運用までサービス提供します。

1.トイレ課題の解決策

近年、トイレ施設の利便性は大きく向上していますが、それでも多くの課題があります。

  • トイレ個室がいつも混雑しており、空いているトイレ個室を探す事が大変!
  • トイレ個室内で人が倒れていると、気が付く事が出来ない!
  • 混雑が常態化しているので、満空情報よりも待ち人数を知りたい!
  • トイレ個室内で長居している人が多くなった!
  • トイレ個室内に居ると、待っている人が居るのか分からない!
  • トイレ施設の清掃を効率化したい!
  • etc . . .

当社IoTサービスでは、いち早くトイレIoTに取り組んでおり、トイレ利用状況の可視化や、混雑を緩和するための仕組みなど、多くのトイレ課題に対する解決策をご用意しております。

トイレ個室利用に関する分析データを確認する事も可能です。利用の傾向などを分かりやすく表示します。

2.効果的な導入場所

以下のような場所への導入が効果的です。

オフィス

商業施設

球場、劇場

病院

交通施設

学校、図書館

  • 利用できるトイレ施設における「空き個室数」の情報案内として。
  • 混雑しているトイレ施設を回避いただく仕組みとして。
  • トイレ個室内で人が倒れていた際に気が付きやすい仕組みとして。
  • トイレ個室に関するストレスを低減する仕組みとして。
  • トイレ施設の清掃オペレーションを効率化する仕組みとして。

3.トイレIoTの仕組み

トイレ個室の利用状況を判断する際には、無線センサを利用します。

通常のトイレ個室では、以下のようなドア開閉センサを利用します。どのセンサもドアの開閉状態を検知する事が可能です。

センサは無線で通信を行う為、配線工事は不要です。軽量ですので両面テープなどで容易に設置できます。

無線センサは室内光で稼働する為、電池は不要です。電池を組み込む事も可能です。

無線センサがドアの開閉を検知すると、別途設置するIoTゲートウェイ機器を経由して、弊社クラウドサーバにデータをアップします。

トイレIoTの概要図

IoTゲートウェイ機器は、SIM回線などを利用してインターネットに接続します。

4.サービス項目

トイレIoTのサービス項目は下記になります。必要なサービス項目を選択いただけます。

良く使われるサービス項目

トイレ個室の利用に関する詳細な分析データが確認可能
トイレ個室の利用状況をリアルタイムでサイネージに表示
トイレ個室の利用状況をリアルタイムでスマホやPCに表示
トイレの空きを待っている人がいる事をスマホ画面やサイネージに表示
トイレ個室が長時間利用中になっている際に検知
引き戸や多目的トイレなど様々なトイレ個室タイプに対応可能

補完できるサービス項目

No項目内容
トイレ清掃管理利用データとの連携でトイレ清掃業務を効率化
音声アナウンストイレ利用状況を音声アナウンス
LED照明との連長時間利用のトイレ個室内でLED照明を点滅
退室迄の見込み時トイレ個室内の利用者から退室までの見込み時間を通知
倒れた人を検トイレ個室内で倒れてしまった人を検知
トイレ小型サイトイレ個室内に小型サインを設置して利用時間を表示
ドアを自動ノック[研究開発]トイレ個室ドアを自動でノックする事が可能