デジタルサイネージ

無線センサーの検知状況を、デジタルサイネージとして表示する事が可能です。

無線センサーが検知したデータを、人が分かり易いようにディスプレイに表示します。

以下の例は、トイレ個室の利用状況を、常時設置しているディスプレイにシンプル表示しているイメージです。

simple-signage

お客様固有のレイアウト図にデータを反映させる事も可能です。

以下の画面は、トイレの利用状況を表示するデジタルサイネージ画面例です。キオスク端末として、トイレの入り口近辺やオフィス内に設置すると、空き状況をリアルタイムで確認できるようになります。

toilet-layout-colormap

以下の画面は、会議室の利用状況を表示するデジタルサイネージ画面例です。会議室フロアの入り口やオフィス内に設置すると、会議室の利用状況を確認できます。

meetingroom-layout-colormap

 

1.利用できる無線センサー

利用する無線センサーは、電池交換が不要な「EnOcean」センサーです。

enocean-sensors

ドア開閉センサー(マグネット)や人感センサー、温度・湿度センサーなどが検知した情報を、デジタルサイネージ画面にリアルタイムで表示します。

以下は、各センサーの検知データを一つのレイアウト図に反映させている例となります。

allsensor-layout

  • 会議室に人感センサーを設置し、人を検知した時には分かり易い色で表示します。
  • ドア開閉センサーを設置し、ドアが閉まっている時と空いている時で異なる色で表示します。
  • 温度センサーが検知した温度データを表示します。
  • 無線スイッチがを受付やテーブルなどに設置し、定義されたボタンが押された際に、該当するメッセージを表示します。

 

2.表示ディスプレイ

表示するディスプレイは、HDMIモニターであれば利用できます。

以下は、7インチタッチパネルに表示している例です。比較的自由に置き場所を選べます。

7inch-kiosk-toilet

より大型のHDMIモニターを使って、表示する事も可能です。

以下の左側は13.3インチHDMIモニター、右側は23インチHDMIモニターに表示している例です。

 

3.導入案

トイレや会議室の利用状況をキオスク端末で確認できるようになります。

 

4.無線センサーの検知データを分析したい場合

デジタルサイネージでは、無線センサーの検知状況をモニターでリアルタイムに表示する「可視化」用途となります。

無線センサーの検知データをPCやスマホを用いてリアルタイムで確認したい場合や、検知データを分析したい場合は、IoTサービスを併用する事で対応できます。IoTゲートウェイ機器をインターネットに接続する構成になります。

詳細は以下の資料を参照ください。

DigitalSignage-ppt-cover-mini

 

5.短期スポット利用

デジタルサイネージを短期レンタルでご利用いただく事が可能です。

spot-signage

短期間のみ導入したい場合や正式導入前に、ぜひご利用ください。

短期レンタルでは、現在下記の対応状況となります。

項目 内容
利用できる無線センサー マグネットセンサー
利用できる画面デザイン トイレ利用状況(利用率を表示)

 

6.ご利用料金

ご利用料金は、初期料金と月額料金が必要となります。個別見積となる為、料金詳細はお問い合わせください。

なお、デジタルサイネージ用の端末は、レンタルでのご提供となります。

都内近郊の場合、実際のサンプルをお持ちし、動いているところをお見せいたします。

contact_form_bar