2. EnOceanを利用するには?

当社のサービスでは、エナジーハーベスト技術「EnOcean」を活用できます。

このページでは、EnOceanセンサーを利用する為に必要な事を記載しています。

2.EnOceanを利用するには?

2-1.必要な基本構成

EnOceanを利用する上で最低限必要となる基本構成は下記のようになります。

  • ハードウェア
    • EnOceanセンサー
    • EnOcean受信モジュール
    • ゲートウェイ機器
  • ソフトウェア
    • ゲートウェイ機器で動かすプログラム
enocean-basic-system

2-2.EnOceanセンサー

EnOceanセンサーは、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

enocean-basic-system-sensor

マグネットセンサー(開閉センサー)は挙動確認しやすいと思います。

2-3.EnOcean受信モジュール

EnOcean受信モジュールは、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

enocean-basic-system-receiver

受信モジュールは、利用するゲートウェイ機器が持ち合わせているインターフェースに合わせる形になります。

例えば、後述する動作確認では、USBドングルタイプのEnOcean受信モジュールを利用します。

2-4.ゲートウェイ機器

ゲートウェイ機器は、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

enocean-basic-system-gateway

なお、ゲートウェイ機器には電源が必要になります。また、IPネットワークに接続する場合は、LANインターフェースやSIMなどが必要になります。(上画像で灰色になっている箇所)

ゲートウェイ機器として利用できる機器は豊富にあります。利用用途や好みで判断する事になるかと思います。

2-5.プログラムの用意

プログラムは、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

enocean-basic-system-program

EnOceanセンサーからEnOcean受信モジュールが受信したデータを取得するプログラムとなります。

プログラムをコーディングして配備する必要がありますが、簡単にEnOceanの通信挙動だけを確認する目的であれば、Windows端末用に「DolphinView Advanced」というEnOcean開発者向けのプログラムが利用できます。