重量センサ[長距離通信]

Private LoRa通信で長距離通信が可能な重量センサです。モノの重さを定期的に計測できます。

天板上に乗せたモノの重さを定期的に計測し、無線で送信、クラウドにデータを蓄積できます。

通信距離は長く、消費電力も少ない無線センサです。

無線センサ仕様

項目内容
センサ種別重量センサ
検知内容天板上に乗せた物品の重量
最大計測重量500g,5kg,200kgの3パターン
検知間隔カスタム可能
電池寿命検知回数次第で1年以上持つ想定
寸法カスタム可能

計測できる最大計測重量は、500g版、5kg版、200kg版の3パターンあります。

  • 500gと5kgは、バー型ロードセルを1本利用します。
  • 200kgは、ハーフブリッジのロードセルを4個利用します。

カスタマイズ

定期的に計測する間隔や、ケース、天板素材などはカスタマイズ可能です。

  • 計測間隔(重量を計測し、重量データを可視化する間隔)は、1分間や5分間、1時間など設定が可能です。
  • 天板サイズと寸法は、5kgの場合、200mm x 150mm x 50mmのモノを用意しておりますが、ご要件に合わせてご用意が可能です。
  • 天板の素材も、ご要件に合わせてご用意が可能です。重量を計測する対象に合致した天板を選定いただけます。

利用シーン

定期的に計測できるため、下記のような用途でのご利用を想定しております。

  • 物品の在庫量や残量の把握
  • 容器に入った液体などの残量計測
  • ゴミ箱やリサイクル品の回収箱などの中身の計測

システム構成

無線センサからのデータを受信するIoTゲートウェイ機器(小型端末)を設置します。

各無線センサからのデータはIoTゲートウェイ機器で受信し、当社クラウドに送信します。

クラウドに送信されたデータは、PCやスマホのブラウザで確認できるようになります。

また、センサーサイネージに検知状況を表示する事も可能です。

管理者用Web画面

ブラウザでアクセスできる管理者用Web画面では、当社クラウドにアップされたデータを確認できます。

以下のグラフは重量センサの検知データをグラフ表示しているサンプルです。

重量センサの天板上に雑誌を4回に分けて乗せ、最終的に計4冊の雑誌が乗っている時のグラフです。

  • 無線センサの最新データ一覧や、選択センサの検知データのグラフ表示、CSVダウンロードなどが可能です。
  • 電池の電圧も確認可能です。電池の残量確認を行う為に利用できます。

利用者用の機能

センサが検知したデータは、利用者に分かりやすい形で表示する事も可能です。

利用者用のWeb画面や、センサーサイネージのご用意も可能です。

特記事項

  • 無線センサやIoTゲートウェイ機器だけのご提供は行っておりません。
  • 実際のエンド企業様からのお問い合わせと、当社とエンド企業様が直接話せる場合のみ、対応させていただきます。
  • 料金は「初期導入料金」と「月額」が必要となります。個別見積となります。
  • 当社が導入作業を担当させていただきます。
  • 短期の実証実験も可能です(有償、個数制限あり)。
  • その他、お取引条件などはFAQを参照ください。