距離で検知

所定の位置に物体がある事を距離センサを使って検知し、可視化や分析が可能です。

例えば、指定場所における人の滞在や商品の有無などを検知します。特殊な計上のイスなどへの在席状態をサイネージに表示する際や、洗面所などの利用実態の調査などを行う際に適しています。

人の滞在を検知する場合

以下は、所定の場所に人がいる事を検知する際の概要図です。距離センサはカベ面に両面テープ等で貼り付けます。

人が居ない場合は、距離センサは指定の距離以内に遮断物がない事を検知します。人が居る場合は、距離センサは指定の距離以内に遮断物がある事を検知します。

人が通り過ぎるだけでは反応しません。指定の秒数以上、人が滞在していた際に検知します。

機器と仕組み

距離センサは有線ケーブルで小型マイコンで接続しています。小型マイコンは電源が必要です。

小型マイコンで、距離センサが検知する距離を1秒毎に計測します。

距離センサでは、実質1.2m程度まで計測が可能です。

クラウド連携

滞在し始めた日時、存在しなくなった日時の正確なデータを時系列で収集し、当社クラウドアプリで確認いただけます。(cmなどの距離情報はクラウドに送りません。)

CSVデータのダウンロードも可能です。

アクションの実行

指定秒数以上、物体が滞在している際に、指定のアクションを実行します。
サイネージやスピーカーを使ったアナウンスなどが可能です。

補足事項

「物体検知」機能のサービス料金は、初期費用と月額で構成されます。

初期費用は「機器料金」と「導入作業」です。月額は主に「Webサービス料金」と「プログラム利用料金」となります。

概算見積は、ご要件をお聞きした上での個別見積となります。

サンプル料金は下記になります。

No内容初期月額
11セット(SIM1個)、クラウド連携、導入場所が東京約20万円9,000円
24セット(SIM1個)、クラウド連携、導入場所が東京約58万円17,000円
31セット(SIM1個)、クラウド連携、サイネージ連携、導入場所が東京約31万円13,000円
44セット(SIM1個)、クラウド連携、サイネージ連携、導入場所が東京約70万円20,500円

※ 料金はボリューム割引が可能です。