トイレ利用状況の可視化

無線センサーを使って、トイレの利用状況を分かり易く可視化するIoTサービスです。

manage_toilet_usedpercent

ドア開閉センサーを使います。複数のトイレでもまとめて利用率を表示します。初期導入から運用までサービス提供します。

 

1.トイレ課題の解決策

トイレに行きたい時、まず心配になる事は「便器が空いているかどうか」です。

オフィスにいる場合も、通勤途中の電車内の場合も、通常はトイレに行くまで混雑度は分かりません。

全部トイレが埋まっていた場合や混雑していた場合は、待ち時間は不明なまま空くまで待つか、次を探す事になってしまいます。次を探す場合も、空いているアテもないまま、カケをする事になってしまいます。

そんな時、トイレの利用状況がいつでも可視化されていると、とても心強い状態になります。

toilet-floor_used

上記載のような情報が提供されていると、利用者は、混雑しているトイレを回避して、空いているトイレへ向かう事ができるようになります。

 

2.主要な機能と特徴

主要な機能は下記になります。

リモートから状況確認 トイレに行かなくても、PCやスマホでトイレ状況を確認できる
リアルタイムで混雑把握 トイレの空き状況をリアルタイムで確認できる
混雑傾向を把握 トイレが混雑する時間帯の傾向を一目で確認できる
利用状況の詳細分析 クラウド上のデータを使ってトイレ利用状況の分析が可能
長時間の利用状態を検知 長時間、トイレ個室が利用状態の場合にメール通知

 

設置環境の特徴は下記になります。

個室数の上限なし トイレ内にある個室数は、1つから対応可能。上限は無し。
トイレの上限なし トイレの場所やフロア数は、1ヶ所から対応可能。上限は無し。
配線不要・簡単設置 無線センサーを利用する為、配線は不要で簡単に設置できる。
プライバシー配慮 ドアの開閉で判断する為、プライバシーが配慮された導入になる。

 

3.トイレのドア開閉を計測する仕組み

以下の写真のように、個室が空いている時はドアが開いた状態になるドアで、開閉状態を検知します。

 

無線センサーは、以下のようなドア開閉センサーを利用します。どちらも同じマグネットセンサー(STM429J)であり、ドアの開閉などの状態を検知する事が可能です。
magnet-sensor-long

利用するEnOceanセンサーは無線で通信を行う為、配線工事は不要です。電波の到達範囲は建物内で約30mとなります(環境によります)。センサーは軽量ですので両面テープなどで容易に設置できます。

また、無線センサーは、室内光で稼働します。電池交換は不要となります。

無線センサーがドアの開閉を検知すると、別途設置するIoTゲートウェイ機器を経由して、弊社クラウドサーバにデータをアップします。概要図は下記のようになります。

IoT-toilet-network

IoTゲートウェイ機器は、インターネット接続用の回線として、既存のLAN環境(WiFi/Ethernet)や3G回線を利用できます。また、Raspberry Pi も利用できる為、デジタルサイネージ用のモニター接続など様々なカスタマイズ構成も可能となります。

 

4.導入場所の例

以下のような場所に導入いただくと、利用者の満足度が高くなると想定されます。

No 導入場所 内容
1 オフィスビル 社員の便所ストレスを解消し、職場環境の良好化が期待できます。
2 駅構内 駅のトイレ混雑度を可視化する事で、路線利用者の満足度向上が期待できます。
3 商業ビル トイレ混雑度を事前にモニターで提示する事で顧客満足度の向上が期待できます。
4 学校 生徒の便所ストレスを解消し、文武に集中させる事が期待できます。
5 大型施設 展示会場やショッピングモールなどにおける付加価値となり得ます。
6 介護施設、病院 個室内で人が倒れていた際にメール通知し、早期の事故防止に役立てます。

contact_form_bar

 

5.PC用Web画面

オフィスビル(2フロア)のトイレ利用率を可視化した画面例が以下になります。

toilet-floor_used_1

トイレ利用率はリアルタイムで変化します。

全て空いている時は、以下のように各トイレ利用率は「0%」となります。

toilet-floor_used_2

利用率が「0%」なので、どこに入っても確実に用を足せる事になります。

 

「ダッシュボード」画面にはトイレ毎にリンクがあり、クリックすると「選択トイレ詳細画面」に推移します。

iot-toilet-weblink

例えば、「2階の男子トイレ」をクリックすると以下のような画面に移動します。

toilet_2f_man_dashboard

  • 画面上部の3つの四角はトイレの個室(計3戸)となります。
  • 左端(グリーン)は空いている「トイレ個室」、真ん中と右端(グレー)は「利用中のトイレ個室」です。66%の利用率です。リアルタイムで変化します。
  • 画面下部のグラフは、トイレの利用率グラフになります。リアルタイムで変化します。

 

表示されている「トイレ使用率ヒートマップ」では、トイレの混雑する時間帯が分かるヒートマップが直近1週間分表示されます。

toilet-heatmap

 

トイレ使用率のデータ値も参照できます。

toilet_2f_man_log

上の画面では直近24時間まで確認できますが、分析用の画面では、期間を指定したグラフ表示や、CSVデータのダウンロードも可能です。

 

toilet_2f_man_analyze

 

6.スマホ用画面

スマホのブラウザで確認できるWeb画面のサンプルは以下になります。

 

7.公開用Web画面

アカウント認証が不要な「公開用Web画面」をご用意できます。

駅構内のトイレや、学校、商業ビルなど、不特定多数の利用者にご利用いただける画面です。

デジタルサイネージ端末に表示してご利用いただく事も可能です。

 

画面デザインはカスタマイズが可能です。フロアマップや地図情報を入れ込む事ができます。

URL名やFQDN名も調整可能です。

 

8.レイアウト図にリアルタイム反映

トイレ個室の利用状況を該当レイアウト図に反映させる事が可能です。(個別開発)

toilet-layoutmap-2

リアルタイムでWebブラウザ画面上に反映されます。デジタルサイネージなどで表示すると面白いと思います。

toilet-layout-colormap

これらの画面は、標準機能ではなく、お客様毎に個別で開発する機能となります。

 

9.デジタルサイネージ

トイレ個室の利用状況を、常時設置しているディスプレイに表示させる事が可能です。

spot-signage

インターネットを経由せずに直接サイネージ用のディスプレイに表示させる事が可能です。

画面はカスタマイズが可能です。お客様固有のレイアウト図上にリアルタイムで反映させる事が可能です。

詳細はデジタルサイネージをご確認ください。

 

10.長時間の利用状態を検知

別のトイレ課題では、トイレ個室ドアが閉まっている場合、外部からは中の様子は把握できなくなります。

トイレ個室は死角になる為、個室内で人が倒れていたり、不審な行動が行われていても、気付くことが難しい状態になってしまいます。

この問題に対する対策として、ドアが閉じられ、トイレ個室が利用中となってから、指定した時間以上経過した際に、メールで通知する事が可能です。

iot-toilet-longclosed-mail

メール通知するまでの時間指定は、設定から選択する事が可能です。(5分間から対応)

この機能によって、以下のような効果が期待できるようになります。

期待できる効果 備考
倒れてしまった人の救助 排尿時失神など、個室内で具合が悪くなり倒れてしまった方の救助
引きこもり検知、サボり防止 最近の快適なトイレ内に引きこもっている方の検知、サボり防止対策
不審な行動の防止 密室になるトイレ個室を、テロのターゲットにさせない為の対策・抑制

 

11.デモンストレーション

デモンストレーション映像を用意しました。

複数のトイレのドア模型に無線センサーを取り付け、ドアの開閉状態をブラウザで確認するデモンストレーションとなります。

デモ環境の詳細は、トイレの空き状況を可視化する機能のデモ映像をご確認ください。

  • このデモンストレーション内容は、お打合せ時に実施する事も可能です。
  • 遠方のお客様の場合は、Skypeを使って、トイレ模型の映像とWeb画面の連動をご確認いただく事も出来るかと思います。
  • ご興味がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

12.サービス料金の構成

おまかせプランは、初期費用と月額の料金構成でご利用いただけます。

初期費用には以下が含まれます。

No 項目 内容
1 導入作業 調整(基本情報)、機器手配・検収、ソフト実装、現地設置
2 センサー センサー1個から対応します。
3 IoTゲートウェイ機器 Raspberry Pi (LAN)、ケース、各種ケーブル等
4 サービス仕様書 サービス仕様を記載したドキュメント

月額料金には以下が含まれます。

No 項目 内容
1 Webサービス IoTゲートウェイ機器、センサー、アカウントを含む(個数で料金変動)
2 監視 IoTゲートウェイ機器、センサー
3 サポート メール、電話でのサポート

 

 

13.オプションサービス

初期導入時のオプションサービスは下記になります。

No 項目 内容
1 公開画面 公開画面(認証不要)の個別用意(カスタマイズ対応が可能)
2 長期の利用中検知 ドアが一定時間以上閉じたままになっている場合に通知
3 個別アドオン カスタマイズしたアドオン機能を開発
4 無線IPネットワーク IoTゲートウェイ機器のInternet接続用に、3GやWiFiネットワークを利用
5 デジタルサイネージ インターネットを経由しないで直接サイネージ表示

月次のオプションサービスは下記になります。都度見積でのスポットでの対応も可能です。

No 項目 内容
1 技術支援 リモート対応や現地対応での技術支援、有事の対応
2 レポート 必要に応じて、月次レポートを提出
3 打合せ参加 定例会などの打合せ参加
4 拡張運用支援 サービス構成に応じて、拡張した運用支援を実施

ご質問やご依頼は、お問い合わせからお願いいたします。

contact_form_bar

 

13.紹介資料

本サービスの紹介資料です。(PDF  計16P)

toilet-ppt-cover-mini