トイレ個室内で利用時間を表示できる小型サイン

トイレ個室内に設置しやすい小型モニターで、トイレ個室の利用者に利用時間をお知らせできるようになりました。

昨今、トイレ個室の利用時間が長期化しています。要因としては、トイレ個室内でスマホを使った休憩や、1人になりたい方のちょっとした場所確保、などが想定されています。

この小型サインは、トイレ個室の利用者に対して利用時間を知らせる事で、うっかり長居してしまう事を減らしていただく事を目的としています。

詳細は「トイレ小型サイン」を参照ください。

 

施設の利用状況をコマ送りで自動表示

在席状況や会議室の利用状況などをコマ送りで自動表示する事が可能になりました。

オフィスの執務席や会議室の管理ご担当者にご利用いただく想定の機能です。

以下はサンプル動画(約22秒の無音動画)です。

  • 過去の日程を指定し、1時間毎の使用率をコマ送りで自動表示します。
  • コマ送りのスピードは調整が可能です。
  • 画面はご要望に合わせてご用意します。

実際のレイアウト図上で、俯瞰して利用状況を確認できる機能となります。

 

CTセンサで機器の監視、工場IoTに対応

無線型のCTセンサに対応しました。

電流が流れている時に稼働しており、電流が流れていない時に停止していると判断できる機器の稼働状況を把握できます。同時に、機器の利用電流(アンペア)を可視化する事が可能です。

詳細は「CTセンサ」を参照ください。

また、工場環境におけるIoT活用のご提案も開始しました。

トイレ個室内のLED照明と連動

トイレ個室の利用状況をLED照明と連動させる事が可能になりました。

例えば、トイレ個室に長時間入っている事を検知した際に、トイレ個室内のLED照明を指定の色で点滅する事が可能です。

詳細は「トイレ長居の検知」と「LED照明との連動」を参照ください。