工場IoT

無線型のCTセンサ温度センサなどを使って、工場での機器の稼働状況を可視化する事が可能です。容易に利用を開始できます。

 

利用できる各種センサ

多くの無線センサや、マイコン利用センサをご利用いただけます。

以下にいくつかの用途例を挙げていますが、いずれも容易に導入が可能です。

用途 内容
電流データを計測 CTクランプで機器の稼働状況を計測
空調環境を計測 温度・湿度やCO2濃度を計測
明るさや音量を計測 照度センサで工場内の明るさ、マイクで工場内の音量を計測
人員の滞在状況を計測 指定エリア内に人員の滞在数を計測
コールボタンを設置 容易に設置できる無線スイッチで呼び出しボタンを設置

 

電流データを計測(CTクランプ)

計測対象の機器の電流ケーブルに、無線型のCTクランプを挟み込む事で、容易に機器の稼働監視を開始できます。

計測対象機器の電流監視では、無線型のCTセンサを利用できます。本センサはCTクランプが取り付けられたケーブル活線からエネルギーを取得して稼働します。

CTクランプで測定した対象機器の利用電流(アンペア)を可視化します。

クラウドWeb画面でグラフ表示やCSVデータのダウンロードが可能です。

 

空調環境を計測

温度や湿度、CO2濃度を計測する事が可能です。

温度センサでは、さまざまな測定範囲の温度センサを選定いただく事も可能です。

対応状況 測定範囲 備考
対応済 0 ~ +40℃(分解能 約0.15℃) 温度センサ温湿度センサで対応
対応済 0 ~ +51℃(分解能 約0.2℃) 温湿度CO2センサで対応
未対応 -20 ~ +60℃(分解能 約0.08℃) 必要に応じて対応予定
未対応 -30 ~ +120℃(分解能 約0.05℃) 必要に応じて対応予定
未対応 -40 ~ +250℃(分解能 約0.05℃) 必要に応じて対応予定

以下は、温湿度CO2センサで取得したデータのグラフ例です。

 

活用例:サイネージ表示

機器の稼働状況をサイネージに表示する事も可能です。サイネージ画面に表示する事でいつでも容易に確認できるようになります。

以下はCTセンサを使って計測した結果をサイネージ画面に表示する例です。

ご要望に合わせた画面をご用意します。

 

クラウドを利用しないシステム構成も可能

クラウド環境にデータを集約しないで、お客様専用のシステム環境をご用意する事も可能です。(その際も当社からリモート接続できる構成でのご提案となります。)