3D LiDAR

当社サービスで利用できる、人数を検知する仕組みについて記載しています。

通行人数や滞在人数を3D LiDAR装置を使って自動カウントします。

通行人数や、カウントエリア内にいる人数を自動でデータ化し、クラウドアプリで参照できます。

利用目的内容
エントランスの混雑計測出勤時間帯のエントランスの混雑状況を計測、時差通勤を促す証跡に
レジなどの混雑計測レジ前の待ち行列をリアルタイムでデータ化、接客サービス向上へ

1.人数カウントの仕組み

設置する3D LiDARから放射する面照射のレーザー光を使って人体毎の距離を測定し、人数をカウントします。複数人が並んでいる場合もほぼ全員検出する事が可能になる等のメリットがあります。

2.測定項目

測定可能な項目は下記となります。

項目内容
通行した人数一定の間隔内における通行人数をカウント
エリア内の人数一定の間隔毎に、指定エリア内にいる人数をカウント

「エリア内の人数」と「通行した人数」の検知イメージ画面は以下になります。

上記以外にも、測定する項目をカスタマイズする事も可能です。

3.カウントエリアの設定

3D LiDARは面照射のレーザー光を使います。3D LiDARから出るレーザー光の射角は76度、最大検出可能距離は「6m」です。(実際はもう少し伸びます。)

「通行した人数」を検知する場合、3D LiDARで通行人数のカウントを行う仮想的なライン(カウントライン)を設定します。下記の画像のオレンジ点線内が設定可能な領域となります。

「エリア内の人数」を検知する場合、3D LiDARで人数のカウントを行う仮想的なエリア(カウントエリア)を設定します。下記の画像のオレンジ点線内が設定可能な領域となります。

4.データ計測のタイミング

通行カウントの場合、指定間隔内に検知した人数をカウントします。

滞在カウントの場合、指定間隔毎の指定エリア内にいる人数(その時点の人数)をカウントします。

5.Webアプリでデータ確認

カウントした人数データは、随時インターネット経由で弊社クラウド環境に送信し、ブラウザで確認いただく事が可能です。

クラウドアプリで、最新値の確認やグラフ表示、期間を指定したCSVダウンロードなどが可能です。

以下は通行カウントとしてのグラフ例です。

時系列
1時間毎の合計

以下は滞在カウントとしてのグラフ例です。

直近1週間分の1時間毎の検知数をヒートタイムのグラフで出力したり、ヒートタイムの元データを期間を指定してCSVダウンロードする事も可能です。

6.サンプル料金

当社サービスは初期料金と月額が必要になります。

初期費用は「機器料金」と「導入作業」です。月額は主に「Webサービス料金」と「プログラム利用料金」となります。

サンプル料金は下記になります。データを計測し、管理者用のWebアプリでデータを確認いただく際の料金です。

内容初期月額
1セット、1分間毎(平日9時間)約45万円12,000円
  • お見積は、ご要件をお聞きした上での個別見積となります。
  • サンプル料金は、導入場所が東京23区の場合の料金です。
  • 利用者用のWebアプリは含めておりません。必要な際はお知らせください。
  • 料金はご要件や設置環境などによって変動します。
  • 料金はボリューム割引が適用されます。
  • 機器のみの販売は行っておりません。当社サービスのご提供時においてのみ、機器類を販売しております。

弊社レンタル用機器を用いて、短期間だけのご利用も可能です。スポットでのデータ分析用途、実証実験用途にご利用いただけます。

内容料金
1セット、1日~2週間、Webサービス約35万円
  • サンプル料金は導入場所が東京23区の場合の料金です。

概算見積をご提示する際には、サービス提供可否の判断ができる十分な情報のご提示をお願いいたします。

人の通行を自動でカウント
短期間のみの利用の可能、 分析やPoC用途に最適