動画解析で人数カウント

機械学習の技術を使って、Webカメラで取得している動画をリアルタイムで解析し、人の出現回数などをデータ化します。

以下は写真に写っている人を認識している例となります。認識した人数をデータ化します。

想定している利用場所は下記になります。(人が集まる場所)

利用場所 内容
会議室 会議室内の人数を定期的にカウント
待合室 銀行や病院の待合室の混雑状況をカウント
待ち行列 行列ができる場所の人数を定期的にカウント

 

1.人数をカウント、データはWebアプリで確認

Webカメラに映っている「人数」をエッジ機器側で解析し、クラウドアプリで解析結果を確認できます。

カウントする数値は、属性の識別率や検知精度の平坦化など幾つかのロジックを組み合わせて算出しています。

 

2.Webカメラを利用

小型で安価なWebカメラを設置し、リアルタイムで映像を取得します。

 

3.機械学習で物体認識

機械学習の技術を使って、Webカメラに映る映像から人数を検出します。

公開されている「学習済みモデル」を使って「人間」のカウントを行います。

基本的なシステム概要図は下記のようになります。

カメラを接続したエッジ機器で画像解析をリアルタイムで実施し、解析結果(テキスト情報)をクラウドへ送信します。クラウドアプリに接続する事で解析結果のデータを確認頂けます。

「人間」以外にも、車や自転車、猫などの属性もカウントする事ができます。カウントできる属性は、学習済みモデルで定義されている属性が対象となります。

 

4.動画、写真に対応

物体検出するソースとして、リアルタイムで撮影している動画、映像ファイル、写真を利用する事が可能です。

動画解析の場合、エッジ機器自体は小型で安価な機器を利用しますが、約5~7FPSの処理性能があります。1フレーム毎に指定属性の検出回数を取得し、その後は精度の平坦化などで幾つかのロジックを組み合わせています。その為、検出数は高い精度になります。

 

5.サービス提供と料金感について

本導入の際の料金は、初期費用と月額で構成されます。

初期費用は「機器料金」と「導入作業」です。月額は主に「プログラム利用料」となります。

概算お見積は、ご要件をお聞きした上での個別見積となります。

サンプル料金は下記になります。

内容 初期 月額
機器1セット(初期:H/W料金と設置作業、月額:プログラム利用料) 約25万円 12,000円

なお、弊社レンタル用機器を用いて、短期間だけのご利用も可能です。スポットでのデータ分析用途、実証実験用途にご利用いただけます。

長期間でのご利用をご検討されているお客様にも、まずは短期間でのご利用でPoC(実証実験)を行う事をお願いしております。

 

6.サイネージとの連携

動画解析で検出した人数情報を、サイネージ画面に反映させる事も可能です。

サイネージ画面に表示するメッセージの更新間隔は、数秒毎などの短時間にする事も可能です。

 

7.無線センサとの連携サービス

無線センサを使った「トイレサイネージ」サービスと組み合わせる事で、トイレの満空情報だけではなく、待っている人数も通知する事が可能となります。

無線センサを使った「会議室の利用を可視化」サービスでは、会議室の利用者の人数を記録したり通知する事が可能となります。

 

8.参考

公開されている「学習済みモデル」に存在しない属性の場合は、あらたに学習させる転移学習モデルか、日々バージョンアップされるAI解析用クラウドサービスを利用する事になります。

以下に転移学習の例を記載しておりますが、転移学習を行うには各種コストが多くかかるため、弊社では現在のところ対応予定はありません。

新規の属性として、EnOceanの「Sensor」と「Receiver」を識別したい場合に、転移学習で作成した独自モデルを使って、写真から物体を検出した画像が以下になります。

独自モデルを使って、映像からリアルタイムで物体を検出した場合は以下のようになります。(以下の動画は、実際には検出フレーム毎に画像保存し、GIF Movie にしたファイルです。)

 

画像から人体の姿勢を検出する事も可能です。