インターネットコムに「トイレの空き状況が分かるサービス」の記事が掲載されました

IT・テクノロジーニュースサイト「インターネットコム」で、当社サービス「トイレIoT」の記事が掲載されました。

離れた場所からトイレの「空き状況」が分かるサービス―IoTでドアの開閉を検知
ビルや学校にあるトイレの混雑度がひとめで分かるというサービスが登場した。モノのインターネット(IoT)の取り組みの1つ。

(インターネットコム ご担当者様、ありがとうございます。)

無線センサーでトイレの混雑度を可視化するIoTサービス

無線センサーを使って、トイレの混雑度を容易に可視化できるIoTサービス機能をリリースしました。おまかせプランでご提供を開始します。

オフィスビルや商業ビル、駅、学校、大型施設などで導入いただけます。

利用者は混雑しているトイレを回避して、空いているトイレへ向かう事ができるようになります。

活用事例:セキュリティ室のドア開閉状態を記録

ファンブライトIoTサービスの活用例のご紹介です。

ドア開閉センサー1個をセキュリティ室のドアに設置させていただきました。

ドアの開閉状態をログ記録する事を目的としており、おまかせプラン(短期スポット導入)で対応させていただきました。

EnOcean無線センサーと太陽光で動くゲートウェイ機器でIoTサービス

エナジーハーベスト技術「EnOcean」無線センサーと、太陽光発電で稼働するIoTゲートウェイ機器を使って、自然エネルギーのみで全機器を稼働させるIoTサービスを提供します。

電気配線が無い屋上などにおけるセンシング用途に利用できます。