トイレIoT 概要

無線センサーを使って、トイレの利用状況を分かり易く可視化するIoTサービスです。

トイレ利用状況のデータ収集や、利用者へ向けてのモニター表示など、トイレに関する様々な課題に対応が可能です。初期導入から運用までサービス提供します。

 

1.トイレ課題の解決策

近年、トイレ施設の利便性は大きく向上していますが、それでも多くの課題があります。

  • トイレ個室が混雑している!
  • 空いているトイレ個室を探す事が大変!
  • 混雑が常態化しているので、満空情報よりも待ち人数を知りたい!
  • トイレ個室内で人が倒れていると、気が付く事が出来ない!
  • トイレ個室内に居ると、待っている人が居るのか分からない!
  • etc . . .

当社IoTサービスでは、いち早くトイレIoTに取り組んでおり、トイレ利用状況の可視化や、混雑を緩和するための仕組みなど、多くのトイレ課題に対する解決策をご用意しております。

トイレの満空情報だけではなく、空きを待っている人数も合わせて情報提供する事も可能です。待っている人数が少ない場所を選択する事ができるようになります。

 

2.効果的な導入場所

以下のような場所への導入が効果的です。

導入場所 内容
オフィスビル 社員の便所ストレスを低減
大型商業施設 ショッピングセンターにおける付加価値
劇場、球場 混雑する時間帯に空いているトイレ施設を案内
病院 個室内で人が倒れていた際に気が付きやすい仕組み
公共交通施設 トイレ混雑度を可視化する事で利用者の満足度向上
学校 生徒の便所ストレスを低減

 

3.サービス項目

トイレIoTのサービス項目は下記になります。必要なサービス項目を選択いただけます。

No 項目 内容
1 トイレ利用分析 トイレ利用状況のデータを取得して分析
2 トイレ長居の検知 ドアが一定時間以上閉じたままになっている事を検知
3 トイレサイネージ トイレの利用状況をサイネージ画面に表示
4 音声アナウンス トイレ利用状況を音声アナウンス
5 LED照明との連動 長時間利用のトイレ個室内でLED照明を点滅
6 待ち人数を通知 トイレの空きを待っている人がいる事を通知
7 利用者用スマホ画面 利用者用のスマホ画面、PC画面
8 退室迄の見込み時間 トイレ個室内の利用者から退室までの見込み時間を通知
9 倒れた人を検知 トイレ個室内で倒れてしまった人を検知
10 様々な個室に対応 多機能トイレやドアが常に閉まるトイレも対応可能

本サービスの紹介資料(PDF)などは、サービス資料から取得いただけます。

 

4.トイレのドア開閉を計測する仕組み

「個室が空いている時はドアが開くタイプ」のドアでは、ドアの開閉状態を検知します。(個室が空いている時にもドアが閉まるタイプも対応可能です。詳細は「様々な個室に対応」を参照ください。)

無線センサーは、以下のようなドア開閉センサーを利用します。どちらも同じマグネットセンサーであり、ドアの開閉状態を検知する事が可能です。

magnet-sensor-long

センサーは無線で通信を行う為、配線工事は不要です。電波の到達範囲は建物内で約30mとなります(環境によります)。センサーは軽量ですので両面テープなどで容易に設置できます。

無線センサーは室内光で稼働する為、電池交換は不要です。電池を組み込んだセンサーを利用する事も可能です。

 

無線センサーがドアの開閉を検知すると、別途設置するIoTゲートウェイ機器を経由して、弊社クラウドサーバにデータをアップします。(クラウドサーバを使わない構成も可能です。)

概要図は下記のようになります。

IoT-toilet-network

IoTゲートウェイ機器は、SIM回線などを利用してインターネットに接続します。

 

5.サービス料金の構成

サービス料金は、初期費用と月額で構成されます。

初期費用は「機器料金」と「導入作業」に分かれます。

No 項目 内容
1 機器料金 無線センサ、IoTゲートウェイ機器、その他サービスで必要な機器類など
2 導入作業 機器設定、サービス仕様書、現地設置作業など

月額料金は主に「Webサービス利用料」や「プログラム利用料」となります。

No 項目 内容
1 Webサービス利用料 IoTゲートウェイ機器、センサー、アカウント、SIM料金など
2 プログラム利用料 各マイコンやサーバ上のプログラム利用料、SIM料金など

概算見積は、ご要件をお聞きした上で個別見積となります。

「3.サービス項目」の各ページにサンプル料金を記載しておりますのでご確認ください。

 

ご質問やご依頼は、お問い合わせからお願いいたします。