出入口で計測し、滞在者数を計測

指定エリアの出入口で通行人数をカウントし、指定エリア内の滞在者数を計測する事が可能です。

滞在人数を計測したいエリアがとても広い場合や、浴場などカメラの設置に向いていない場所の滞在者数をカウントしたい場合に有効なサービスです。

計測結果はクラウドにアップします。管理者の方は通行人数の時系列データをブラウザで確認いただけます。

施設の利用者に対して、計測結果をお知らせする事も可能です。

サービス情報は「混雑カウント」に記載しております。

通行人数の計測サービスで双眼カメラを使う手法を追加

通行人数カウントサービスで、双眼カメラ(ステレオカメラ)を使う手法を追加しました。

これまでは、通行カウントサービスでは「3D LiDAR」を使う手法で対応しておりましたが、今回「ステレオカメラ」を使う手法も追加し、導入場所に適した手法を選択できるようになりました。

ステレオカメラの特徴は下記になります。

  • 通路などの通行人数を高い精度でカウント可能
  • 屋外での導入が可能

詳細は「通行カウント」サービス、「ステレオカメラ」を参照ください。

展示物の人気調査や、サイネージの効果測定

美術館や展示会などでの展示物の人気調査や、サイネージやポスターなどの効果測定などに使える人流測定サービスです。

人が指定距離内に指定秒数以上滞在した際に、滞在していた秒数を自動で記録します。

通り過ぎただけの人はカウントしません。滞在していた人の滞在秒数をカウントします。

サービス内容は「滞在秒数の計測」をご確認ください。

環境音を収集してデータ化

会議室や個室内の音量、工場などでの機械音などの環境音をデータ化し、Webアプリからリアルタイムで確認できるようになりました。

静かな時と騒々しい時で、音量ボリュームが異なる事を可視化できます。