トイレ長時間利用を検知

トイレ個室が長時間継続して利用中になっている際に、分かりやすくお知らせする仕組みをご提供します。サイネージ表示やスマホ・PC表示、音声アナウンスなどが可能です。

 

期待できる効果

トイレ個室が利用中になっている場合、個室内の様子は把握できません。トイレ個室は死角になるため、個室内で人が倒れていたり、不審な行動が行われていても、気付く事が難しい状態になってしまいます。

弊社サービスでは、以下のような効果が期待できます。

期待できる効果 備考
倒れてしまった人の救助 排尿時失神など、個室内で具合が悪くなり倒れてしまった方の救助
引きこもり検知、サボり防止 最近の快適なトイレ内に引きこもっている方の検知、サボり防止対策
不審な行動の防止 密室になるトイレ個室を、テロのターゲットにさせない為の対策・抑制

オフィスや学校、病院や介護施設、駅構内や商業ビル、大型施設などに導入すると効果が期待できます。

 

ご提案1.センサーサイネージに表示

センサーサイネージをトイレ施設内(入口部分や手洗い部分など)に設置する事で、長時間利用されているトイレ個室を分かり易く表示します。

長時間利用されているトイレ個室を確認した人は、その個室内で人が倒れている可能性もありますので、声掛けなどの対応を行う事が可能です。

トイレ内のレイアウト図や個室の配置図などで表現する事も可能です。

詳細は「トイレサイネージ」をご確認ください。

 

ご提案2.スマホ・PCに表示

利用者が使うスマホやPCに、トイレ満空情報と共に、長居しているトイレ個室を分かり易く表示します。

詳細は「利用者用スマホ画面」をご確認ください。

 

ご提案3.音声アナウンス

トイレ個室に長時間入っている事を検知した際にアナウンスする事が可能です。

詳細は「音声アナウンス連携」をご確認ください。

 

ご提案4.管理者画面に表示、CSVダウンロード

管理者は、トイレ個室に長期滞在している情報をブラウザで確認できます。

長期滞在と判断する為の設定時間を設定し、長期滞在しているかどうかを1分間毎に自動チェックします。

ブラウザ画面では「現時点でのトイレ個室に長期滞在中」の情報や、「過去に長期滞在していた」情報を確認できます。

各日時データや滞在時間など詳細なデータを確認できます。また、期間を指定したデータをCSVダウンロードする事が可能です。

 

トイレIoTのサービス項目

トイレIoTのサービス項目は下記になります。必要なサービス項目を選択いただけます。

No 項目 内容
1 トイレ利用分析 トイレの利用状況のデータを取得して分析
2 トイレ長居の検知 ドアが一定時間以上閉じたままになっている事を検知
3 トイレサイネージ トイレ利用状況をサイネージ画面に表示
4 音声アナウンス トイレ利用状況を音声アナウンス
5 待ち人数を通知 トイレの空きを待っている人がいる事を通知
6 利用者用スマホ画面 利用者用のスマホ画面(認証不要、カスタマイズ可能)
7 退室迄の見込み時間 トイレ個室内の利用者から退室までの見込み時間を通知
8 多機能トイレ対応 引き戸タイプの入り口に対応(自動/手動問わず)