トイレ長時間利用を検知

長時間継続してトイレ個室が利用中になっている場合に、画面表示とCSVダウンロードが可能となります。別途、サイネージ表示やメール通知を行う事も可能です。

トイレの利用者が個室内で倒れてしまった場合や、個室内での不審な行動に対して気が付く仕組みとなります。トイレ個室内における多くの問題に関する対策となります。

 

1.長い時間、トイレが利用中になっている際に通知

トイレ個室が利用中になっている場合、個室内の様子は把握できません。

トイレ個室は死角になるため、個室内で人が倒れていたり、不審な行動が行われていても、気付く事が難しい状態になってしまいます。

これらの問題に対する対策として、トイレ個室が利用中となってから、指定した時間以上経過した際に、サイネージ画面に表示したり、管理者へメール通知する事が可能です。

 

2.期待できる効果

近年のトイレはますます快適になっていますが、死角となるトイレ個室には特有も問題が多く存在します。トイレ個室内における多くの問題に対して、以下のような効果が期待できます。

期待できる効果 備考
倒れてしまった人の救助 排尿時失神など、個室内で具合が悪くなり倒れてしまった方の救助
引きこもり検知、サボり防止 最近の快適なトイレ内に引きこもっている方の検知、サボり防止対策
不審な行動の防止 密室になるトイレ個室を、テロのターゲットにさせない為の対策・抑制

病院や介護施設、オフィスや学校、テロ対策が必要な駅構内や商業ビル、大型施設などに導入すると効果が期待できます。

 

3.利用する無線センサー

「個室が空いている時にドアが開くタイプ」のドアでは、ドアの開閉を検知できるマグネット型の無線センサーを利用します。

EnOcean-magnet-sensor

無線センサーは軽量な為、両面テープ等でトイレのドアに設置する事が可能です。

無線センサーは室内光で稼働する為、電池交換は不要となります。室内光を十分に得られない場合は電池を組み込む事も可能です。

なお、個室が空いている時もドアが閉まった状態になる形状の場合や、多機能トイレ(引き戸タイプの入り口)の場合は、別の仕組みになりますが対応可能です。

 

4.画面表示とCSVダウンロード

管理者は、トイレ個室に長期滞在している情報をブラウザで確認できます。

長期滞在と判断する為の設定時間を設定し、長期滞在しているかどうかを1分間毎に自動チェックします。

ブラウザ画面では「現時点でのトイレ個室に長期滞在中」の情報や、「過去に長期滞在していた」情報を確認できます。

各日時データや滞在時間など詳細なデータを確認できます。また、期間を指定したデータをCSVダウンロードする事が可能です。

 

5.センサーサイネージ画面に通知

無線センサーと共に、小型のサイネージ端末をトイレ施設内(入口部分や手洗い部分など)に設置する事が可能です。

小型のサイネージ端末では、トイレ内のレイアウト図や個室の配置図などを表示する事で、トイレ個室の利用状況をリアルタイムで確認できるようになります。

ドアが閉まったまま、設定時間を経過しているトイレ個室の有無を1分間毎に自動チェックし、該当するトイレ個室を目立つ形で表示する事が可能です。

長時間利用されているトイレ個室を確認した人は、その個室内で人が倒れている可能性もありますので、声掛けなどの対応を行う事が可能です。

 

6.メール通知する場合

無線センサーと共に、IoTゲートウェイ機器を設置します。無線センサーが検知すると、IoTゲートウェイ機器を経由して、弊社クラウドサーバにデータをアップします。

IoT-toilet-doorclosed-network

ドアが閉まったまま、設定されている時間を経過した場合に、指定のメールアドレス宛てにメール通知を行います。

メール通知するまでの時間は設定が可能です。(設定時間は選択が可能です。)

なお、メール通知する場合は、5分間毎のチェックとなります。また、トイレ個室数が多い場合、結果的に大量のメールを受信する事になってしまう可能性もあります。

 

7.サービス項目

トイレIoTのサービス項目は下記になります。必要なサービス項目を選択いただけます。

No 項目 内容
1 トイレ利用分析 トイレの利用状況のデータを取得して分析
2 トイレ長居の検知 ドアが一定時間以上閉じたままになっている事を検知
3 トイレサイネージ トイレ利用状況をサイネージ画面に表示
4 音声アナウンス トイレ利用状況を音声アナウンス
5 待ち状態を通知 トイレの空きを待っている人がいる事を通知
6 利用者用スマホ画面 利用者用のスマホ画面(認証不要、カスタマイズ可能)
7 多機能トイレ対応 引き戸タイプの入り口に対応(自動/手動問わず)

なお、「2. トイレ長居の検知」を行う場合は「1. トイレ利用分析」は必須項目になります。

 

8.サービス料金の構成

サービス料金は、初期費用と月額で構成されます。

初期費用は「機器料金」と「導入作業」に分かれます。傾向的にそれぞれ5割程度の割合です。

No 項目 内容
1 機器料金 無線センサ、IoTゲートウェイ機器、その他サービスで必要な機器類など
2 導入作業 機器設定、サービス仕様書、現地設置作業など

月額料金は主に「Webサービス利用料」や「プログラム利用料」となります。

No 項目 内容
1 Webサービス利用料 IoTゲートウェイ機器、センサー、アカウント、SIM料金など
2 プログラム利用料 各マイコンやサーバ上のプログラム利用料、SIM料金など